fcb.portal.reset.password

Deco va guanyar la Champions League del 2006 a París / FOTO: ARXIU FCB

アンデルソン・ルイス・デ・ソウサ は、月曜日にサッカーを引退することを公表した。デコは、17年間、プロとしてサッカーを続けてきた末、多くのタイトルを制覇し、そのシューズを脱ぐことになる。デコは、ブラジルに生まれたが、国籍はポルトガルで、バルサの選手として4年間、クラブでプレーした。その間、二回のリーグ優勝、スペインスーパー杯2回、パリでのチャンピオンズリーグ1回を制覇した。ライハールト監督が指揮する中で、ロナウディーニョやエトーなどと共にプレーした。デコは、現在、バルサがキープしている勝者スピリットを取り戻したベースになった一人だった。

デコは、FCバルセロナ と 2004年の夏に契約を交わした。ポルトガルのユーロで、最優秀選手として選ばれた直後のことだった。デコがやってきてから、カンプノウにいる間、デコは合計で公式試合124試合に参戦し、35ゴールをマークし、2006年にはスペインリーグのMVPに選出された。

2008年の夏、バルサを去り、チェルシーに移籍し、rん丼では2年間プレーし、リーグ優勝一回、FAカップ2回、コミュニティ・シールド1回を制覇した。また、ポルトガル代表では、75試合に参戦し、5ゴールをマークした。2010年にブラジルに戻り、そこで17年間、プロととして続けてきたサッカーを終えることになった。

上に戻る