fcb.portal.reset.password

Alves, durant el programa El Marcador / FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB

ダニ・アウベスは、バルサTVの番組 'El Marcador'(エル・マルカドール)の中で、 「僕らは、より良いバージョンを求めて、変遷期にいる。時間がかかるのは明らかだ。僕らは正しい道にいる。なぜなら、チーム内で修正がありつつも、僕らは勝っているからだ」 4-0 は、その最も明確な証明だ。

戦術のバリエーション

アウベスは、ゴールへの新たな道を見つけるのに、戦術のバリエーションが役に立ったと話した。「以前やっていたことと大きな変わりはないが、僕らはディフェンシブにせめてくる相手に対しても、ゴールチャンスを得るための新しいアイディアを取り入れている」と明かした。

アウベスはチームが向上しなければならないと言い切り、「プレスのかけかたとか、ライン間を狭めるとか、まだ不足している部分があるのはわかっている」が、全ては時間の問題だという。「以前、僕らの動きは読まれていた。もう、知られているからだ。僕らが相手によってバリエーションを持てば、どう攻めるべきなのか相手はわからないし、僕らはポゼッションをキープできる。それを今、やっているところなんだ」と話した。

アヤックスとの対戦で、バルサは特に前半は快適にプレーできなかった。「前半は、もっと頭を使ってプレーすることが不足していたんだと思う。もし、完璧にプレスをかけられないなら、一歩、後ろにひいて、一から組み立て直す方がいいのかもしれない。なぜなら、僕らは多くのスペースを後ろに与えたし、とはいえ、彼らは僕らを攻めることができずにいたからだ。僕らが話し合った後、後半は良くなった」。

メッシ、バルデス、ネイマール
今週の水曜日の4-0のメリットは、ハットトリックを決めたメッシと何度となくセービングを見せたバルデスにあった。 「彼らは、僕らにとって、とても大きな助けになる。彼らはそこにいるだけで、世界最高の選手だからだ。他とは異なっている。必要としている時に、必ず、答えてくれる」と試合後にアウベスは評価した。

また、ネイマールJrについて聞かれ、 「誰とでもうまくやれる性格をしている。彼は素晴らしい選手の一人であるにもかかわらず、とても謙虚だ。人としてもプロとしても、より向上するために、ここに学びに来たとわかっている。もう、全てを知っているという態度で来られると難しいが、彼はこの謙虚な姿勢で来ている」と分析した。

アビダルへの態度

ダニ・アウベス は、元チームメートのエリック・アビダルが数日前に、アウベスがアビダルが移植が必要だった時、自分の肝臓を提供しようとしたことを明かした点について、「その件について、彼が公言したのはびっくりした。僕らは血液に問題がなかったので、可能性はあった。最終的には、合致しなかったが、必要とあれば(移植を)するつもりでいた。なぜなら、彼はサッカーを超えて、僕が敬愛している人物だからだ」 最終的には、アビダルのいとこが ジェラルドが、肝臓を提供した。

上に戻る