fcb.portal.reset.password

Xavi ha estat l'encarregat d'aixecar el trofeu / FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB

FC バルセロナ は、今週の水曜日、2013年スペインスーパー杯のチャンピオンになった。 アトレティコ・デ・マドリードを相手にカンプノウでスコアレスドローを手にしたが、第一戦のカルデロンでの結果 (1-1)、バルサは今季、最初のタイトルを手にした。ヘラルド・‘タタ’・マルティノは、バルサを率いてから、初めてのタイトルを獲得した。

2タイトル差

バルサは、これで11回目のスペインスーパー杯を手にし、スーパー杯の制覇数をわずかに増やした。次点は、バルサより2タイトル少ない、9回優勝しているレアルマドリードだ。このランキングで3位は、3回制覇しているデポルティーボが占めており、1回制覇しているチームには、バレンシア、マジョルカ、アトレティコ・デ・マドリード、アスレティック・クラブ、レアル・ソシエダ、サラゴサ、セビージャがあげられる。

9年間で6タイトル

バルサは、1983年にアスレティック・クラブを前にタイトルを手にしてから、この9年間で、6回もスーパー杯を手にしている。二回は、フランク・ライハールトが監督として率いていた2005年と2006年であり、ベティスとエスパニョールを相手に獲得し、ペップ・グアルディオラは3年連続で3回、このタイトルを獲得 (2009, 2010、 2011年)した。 そして、今週の水曜日に、タタ・マルティノがこの大会における覇権を続けたのだった。

アトレティコ相手に4戦

スペインスーパー杯で、アトレティコとバルサは、5回、顔合わせをしている。その内訳は、FCバルセロナが4回、勝利を挙げており (1991, 1992 、1996, 2013) 、アトレティコは一回 (1985)だ。 両者が最初に戦ったのは、1985年であり、その時の結果は、カルデロンでのホームが 3-1、カンプノウでの第二戦が 1-0であり、アトレティコが クラブ史初のスーパー杯を手にしたのだった。現在までは、それがバルサを相手にして手にした最初で最後のタイトルだ。

バルサとアトレティコが戦ったその他のスーパー杯は、全てバルサカラーに染まっている。1991年に、 ギジェルモ・アモールがアトレティコのスタジアムで勝利弾を決めた(0-1)。そのゴールがバルサに勝利をもたらした。次の試合は1-1のドローに終わったからだ。それは、クラブにとって二度目のスーパー杯であり、当時の監督はヨハン・クライフだった。 その翌年、1992年、 再び、両者はこの大会で顔を合わせたが、その時は、両試合ともバルサが勝利をあげた。第一戦が3-1、第二戦が1-2で、ヨハン・クライフの率いるチームは、新たな勝利を手にしたのだった。

最後にバルサがアトレティコを前にして、スペインスーパー杯を手にしたのは、1996年だ。 第一戦を、ボビー・ロブソンの率いたチームが5-2で勝利をおさめたため、その後の第二戦でアトレティコ・デ・マドリードが手にした  3-1の結果は報われなかった。  スーパー杯は再び、バルセロナの手に戻った。

上に戻る