fcb.portal.reset.password
負傷してレバンテのピッチを去るカルラス・プジョル

負傷してレバンテのピッチを去るカルラス・プジョル / FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

カルラス・プジョル は、レバンテ戦で足を打ち付け、試合途中で退場を余儀なくされた。今朝、行われた検査の結果、プジョルは左足に挫傷を追っていることが確認された。プジョルが日曜日に行なわれるカンプノウのマラガ戦(21時)に出場できるかどうかは、本人の回復次第で決まる。

バルサのキャプテンは、プレーの最中、57分にバラルとのプレーで、ボールを外に出そうとしたところで、足が動かなくなった。プジョルはチームのメディカルサービスを即座に受け、そこからピッチに戻ることはなかった。プジョルの代わりにハビエル・マスチェラーノが入った。 c

上に戻る