fcb.portal.reset.password

D'esquerra a dreta, Melero, Rubi, Vilanova i Torras. FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB.

De dalt a baix i d'esquerra a dreta, De la Fuente, Rubi, Altimira, Vilanova i Roura. FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB.

バルサは、2013/14年のシーズンをチームだけでなく、スタッフコーチにも新顔を揃えてスタートした。 ティト・ビラノバ の率いるスタッフの新顔は、ジョアン・フランスク・フェレル‘ルビ’、ジョルディ・メレロ、ジャウマ・トーラスだ。

ルビ 昨季までジローナの元監督は、今季、ビラノバのアシスタントスタッフを務める。 ティト・ビラノバは、最初の記者会見で‘ルビ’について、「昨年の時点で彼をスタッフとして引き抜きたいと思っていた。彼のことは良く知っている。彼の存在は、私達を向上させてくれるだろう」と話し、 「対戦相手の分析を手伝ってくれることになる。私はそれに多くの時間を割いてきたが、チームにもっと時間を割けるようになるだろう」

トーラスとメレロは、‘スカウティング’部門を引き受けることになる。

ジャウマ・トーラス (1968年10月7日ビック生まれ) 3シーズン (86-87, 87-88, 88-89) に渡り、マシアにいた。選手としてはフベニルAカテゴリーでGKとしてプレーし、3年目はイグアラダにレンタル移籍した。その後、マンイェウ、サン・アンドレウ、カルタヘナでプレーし、マンイェウ、サン・アンドレウ、コルネジャで監督として務めた。昨シーズンは、マンイェウで強化担当として務めていた。

ジョルディ・メレロ (6-6-1972年6月6日 オロット生まれ) クラブで4シーズン目を迎える。今までは欧州プロ市場をフォローしながら、強化担当部門に在籍していた。 2009-10年、ジローナのナルシス・ジュリアで第二監督として務めた。選手としては、ジローナ、ナスティック、フィゲラス、オスピタレットのユニフォームを身に着けた。


上に戻る