fcb.portal.reset.password

記者会見でのアンドレス・イニエスタ / FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB

アンドレス・イニエスタが記者会見で行なったクラシコ分析を10フレーズに要約。

  • 1) チームの調子はいいし、この試合をプレーしたくてしょうがない。順位のためにとても大事な試合だし、ライバルを始め、この手の試合が産み出す全てにおいて、重要なゲームだ。
  • 2) 目の前にある試合は、互角で戦っているリーグ優勝の可能性を開くものだ。
  • 3) 限りなく完璧に近い試合をしなければならない。ライバルの要求度は高いが、僕らにはそれをできる条件が整っている。
  • 4) 勝ってうまくやること以外、頭にあってはならない。今日から日曜日まで、僕らのめんたりでぃは同じでなければならない。ほんの一瞬もそれを疑う気持ちがあってはならない。
  • 5) この手の試合に向かい合う時に、いつも僕らがもっていた自信をもたなければならない。僕らは首位から勝ち点20点離れた位置にいるわけじゃない。それほど大きな違いはプレー上にないし、両チーム間に大きな差もない。.
  • 6) 僕らのことを信じないで、バルサのファンだという人達がいるのは僕には信じがたい。このチームは、どんな状況でも信用できるだけのものを得て来た。僕らに も、世界中の人達同様に、うまくいかない日はあったが、マドリードが余裕をもって僕らに勝てるなど、誰も考えていないだろう。
  • 7) 彼らのことを考えるより、僕ら自身について考えるべきだ。僕らはバルサでなければならない。勇敢でなければならない。そうじゃなければ、いやな思いをすることになる。勝つためにプレーしなければならない。僕らに物事がうまくいった時は、いつもそうやってきた時だ。
  • 8) マドリードを相手に戦う時、僕らは決して足蹴を食らわせてくるだろうとか、暴力的なプレーでくるだろうとかは考えない。首位と、最も優れた選手達を相手に戦うんだな、と考える。それ以外は全て外野の問題だ。
  • 9) モドリッチは、レベルの非常に高い興味深い選手だ。とてもいいサッカーをするし、全てにおいて優れているし、チームプレーもうまく、コンビネーションもい い。彼を数に入れることができるのは、マドリードにとってメリットだ。彼がボールを出し、チームのペースを生み出している。僕らは彼の動きに注意しなけれ ばならない。
  • 10) マルティノにとって、この経験は唯一のものだろう。ベルナベウでこの試合をするのは初めてなのだから。ここでは既に経験しているし、この手の情熱的な試合をアルゼンチンでやるのには慣れている。彼の最初のマドリードでのクラシコが最高の思い出になるといいと思っている。

上に戻る