fcb.portal.reset.password
ヘタフェ戦でゴールを決めるセスク・ファブレガス

ヘタフェ戦でゴールを決めるセスク・ファブレガス / FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

セスク・ファブレガス は、今週の金指、バルサがチャンピオンズでマンチェスター・シティとの対戦にオブセッションを持つべきではないと話した。なぜなら、「その前にリーグ戦で国王杯があるから、そういった試合にプライオリティを置くべき」だからだ。セスクは、また、現状について、レオ・メッシの復帰やネイマールJRの負傷についても、語った。

また、セスクは、現在、シーズンの鍵になる時期になったと話し、この数週間でタイトルが決まると話した。 「もっとも大事な時期が来た。まず、国王杯とリーグ戦、それからチャンピオンズだ。情熱的なシーズン待つを迎えるためにも、僕らは現状とレベルをキープしなければならない」とバルサのミッドフィルダーは話し、また、タタ・マルティノについて、「マルティノは懸命でフレキシブルな監督だ。選手とよく話し、常に僕らの意見を知ろうとしている」との意見を述べた。

メッシ、やる気に満ち満ちて

「メッシは、自分がやるべきことをやった。つまり、落ち着いてリハビリをしたということだ。彼はやる気に満ち満ちてかえってきた。既にゴールを決めたし、彼だからこそ、できることもやってみせている。サポーターは、彼が戻ってきて大喜びしている」とファブレガスは話し、メッシの復帰とプレーした時間について、「とてもよく計画的にやったし、メッシはすごくいい感触を得ている」ことを付け加えた。

ネイマールについて、 ファブレガス は、 「一刻でも早く治ることを願っている。僕らにとって、大きな離脱だ。マンチェスターシティとの試合に間に合うかどうかは、時がくればわかるだろう」とコメントした。

上に戻る