fcb.portal.reset.password
アウェー戦で数多くのアシストとゴールを決めているセスク

アウェー戦で数多くのアシストとゴールを決めているセスク

セスクは、ミスター・アウェーだ。 FCバルセロナの '4番' は、ホームから離れたアウェーでの活躍が数字に表れている。 カンプノウから離れたスタジアムで、セスクは34ゴール中21ゴールをマークしており、それはセスクがトップチームでマークしている全ゴールの61,8% に当たる。このデーは、メッシやペドロ、アレクシスなど、得点の多い選手らを超えている。彼らはホームでより得点しているからだ。実際、選手の大半がホームでより、ゴールを多く決める傾向にある。

今年は、アウェーのみ

セスクは、他とは違ったゴールスコアラーであり、今季、5得点を決めているが、その5得点全てをアウェーでマークしている。スタジアムの内訳は、バジェカス (0-4)、セルティック・パーク (0-1)、バライドス  (0-3) そして1週間前にダブルゴールを決めたベニト・ビジャマリン (1-4)だ。

その理由は、今季のデータを通して説明できるかもしれない。ホームから離れて、スタメンを張っているからだ。セスクはリーグのアウェー戦全てでスタメン出場しており、 ベンチスタートは、カルデロン (スペインスーパー杯) とサン・シロ (チャンピオンズリーグ)のみだ。

アシストの56,8% がアウェーで

セスクのケースは、非常に変わっている。というのも、アウェーでの数字がいいのは、ゴールに留まらないからだ。アシストにしても同様だ。バルサがセスクを獲得してから、37回のアシストを出しているが、そのうち、16回がカンプノウで、残りの21回をアウェーで出している。全体の 56,8 %だ。 とりわけ、昨シーズンのデポルティーボ-バルサ戦 (4-5)で、1試合で3回、セスクがアシストを決めたのは、記憶に新しいところだ。

セスク、火曜日の13時半(日本時間21時半)にFacebookで

FCバルセロナの公式Facebookを通して セスク・ファブレガスが今日、質問に解答する。 ハッシュタグ #askCesc を通して、ファンはFCバルセロナのFacebook上で質問できる。

時間は13時30分(現地時間 日本時間は21時半)から行われ、20分間、応対する予定だ。

上に戻る