fcb.portal.reset.password

Els jugadors celebrant un gol / FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

FC バルセロナは、ベティスを堂々とベニト・ビジャマリンで制した (1-4)。ここに日曜日の試合における興味深いデータをアップ。


 - ネイマール Jr は、既に、今季5ゴールをマークしている。ベティスでの得点は、リーグ戦初のアウェーゴールとなった。アウェーで決めたのは、唯一、カルデロンのみで、それはスペインスーパー杯での得点だった。


 - セスクとペドロは リーグ戦でカンプノウから離れて7試合でスタメンとしてプレーしており、更にそれらの試合で二人はそれぞれ、4ゴールずつ決めている。


- トップチームと共に セスクは34ゴールをマークしているが、 そのうち、 21得点がアウェーゴールだ。


 - ベティスでのゴールは、 セスクにとって バルサの選手として4回目のダブルゴールとなった。 過去にリーグでは、レバンテ戦 (5-0)、セビージャ戦(2-3) 、国王杯のオサスナ戦 (4-0)で決めており、やはり、国王杯でのマジョルカとの対戦(5-0)ではハットトリックをマークしている。 


 - セスク、8 アシストを決めており、アトレティコ・デ・マドリードのコケと並んでリーグにおける最高のパサーだ。


 - ビクトル・バルデス は、ベニト・ビジャマリンで今季、初めてのイエローカードを受けた。ダニ・アウベスも受けたが、アウベスは今季、3枚目だ。


 - モントヤ は、今季、4試合目のスタメン出場を果たした。モントヤスタメンの内訳は、3勝1分けだ。


 - プジョルとバルトラ は、今季、三度目のコンビをセンターバックとして組んだ。 パンプローナとビゴでは無失点に抑えていた。


 - バルトラがスタメンになった6試合における、FC バルセロナの失点は、わずか、 2 点だ。


 - 同様にプレー時間を与えられたセルジ・ロベルトは、13分プレーした。バルサーレアル・ソシエダ戦(4-1)から出場していなかった。


 - タタ・マルティノは、ここまで19 試合連続無敗できており、その内訳は15 勝 4 分けだ。


 - バルサは、首位の座を 51 節連続で維持しており、レアル・マドリードが持っている記録まで、後、2と迫っている。


 


上に戻る