fcb.portal.reset.password

Neymar Jr i Cesc celebren el gol de la victòria / FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB

セスクは、試合前の記者会見で、FCバルセロナは昨シーズン、FCバルセロナが相手チームより、ずっとポゼッションを持っていたにもかかわらず、セルティックパークで、2-1で負けた昨シーズンから学習したと話していたが、今週の火曜日、実際にそうだったことを主汚名した。そう話したセスク自信が、後半にゴールを決めた。セルティックFCはブラウンの退場で10人でプレーしていた。最初から最後までタタ・マルティノのチームがスコットランドの地で、試合を支配しており、ほぼ完ぺきな試合になったといっても、よかった。

グラスゴーでの勝利と同グループのアヤックス対ACミランがドロー(1-1)に終わったことが、FCバルセロナに、Hグループ首位の座を与え、ぐっと16強に近付けた。

果てしないポゼッション

試合の笛が吹かれた時点から、試合は見えていた。セルティックFCは、最初のボールを触るまで、2分間しか必要としなかった。FCバルセロナをセンターラインで待ち受けた。バルサはボールを回し、トライアングルを作って、スピーディかつ辛抱強く機会を待った・攻撃は、ネイマールJrがサイドから攻撃を繰り返した。アドリアーノも縦に動いて、チャンスを生み出した。

ネイマール Jrが忠告

試合は全くもってバルセロナが支配権を握っていたものの、バルサは前半40分まで、はっきりとしたゴールチャンスを手にできなかった。アウベスの右サイドからのセンタリングからのシュートは、わずかに枠を外れたが、バルサはスコットランド勢のダイレクトサッカーを見事に消し去っていた。

ブラウンの退場

セルティックFCは、ハーフタイム後、ラインをあげてきた。ファウルで何度も試合は止められ、それがFCバルセロナにプレーしづらい状況を生みだしたが、それも、ネイマールJrが左サイドから見事な個人プレーを行なうまでだった。それを止めるためにファウルを犯したブラウンは、ネイマールが地面に倒れた後も、ファウルを犯し続けため、レッドカードを受けるハメになった。試合はまだ、30分間残っていた。

バルデスからセスクへ

少しずつ、試合はバルセロナサイドに傾いていった。ネイマールJrは、セルティックFCにとって、コンスタントにやってくる脅威であり、その度合いは強まっていった。しかしながら、先が見えないのもサッカーだ。バルサがもっともよくプレーしている時に、セルティックに最高の攻撃チャンスが訪れたが、バルデスは今一度、はその魔法がかかった手で危険なチャンスをクリアしてみせ、試合を救ったのだった。

それを超えた後、ネイマールJr は、試合を決めるプレーwスタートした。彼のパスがピッチに入ったばかりのアレクシスに渡り、アレクシスがアシストを送った。セスクがそれを外さずに決め、バルサに0-1をもたらした。

残りの最後までの時間の管理は、完璧だった。マルティノのチームは、セルティックパークで見事なパス回しをみせ、ネイマールJrとアレクシスが三回に渡って送ったシュートで、試合を決められる可能性があったが、フォースターの手によって阻められた。とはいえ、勝ち点3が確実に手に入ったのだった。

上に戻る