fcb.portal.reset.password

Cesc, durant el partit de la temporada passada a Celtic Park / FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB

FC バルセロナは、今週の火曜日の夜(20時45分, Canal +) にチャンピオンズグループリーグにおける第二戦を行なう。その関連データを総チェック。

火曜日の試合は、セルティックパークでバルサが 戦う5試合目になる。今までの内訳は、2勝2敗11得点8失点だ。

• セルティックパークは、バルサに勝つことができたスコットランド唯一のスタジアムだ。ドゥンディーウナイテッドは、 1986/87年に0-1で (UEFA杯) 、グラスゴー戦は2007/08年 (チャンピオンズリーグ)にスコアレスドローに終わっている。

• 最後にセルティックパークに訪れた時ー1年前ーのバルサの11人のスタメンのうち、3人は、負傷により試合を欠場する。マスチェラーノ、アルバ、メッシの3人であり、メッシは2-1の試合の最後のゴールを決めていた。

セルティックは、セルティックパークでプレーした欧州戦9試合のうち、7勝をあげている。黒星を喫したのは、昨シーズンのユベントス戦のみだ(0-3)。

• スコットランドのチームは、ホームでの予選リーグ3試合で無失点だ。クリフトンビルを相手に2-0で勝ち、エルフスボリに1-0、シャフテルに3-0で勝利をあげている。

スティーブン・ムヨコロ は、今年の夏、加入した選手だが、アキレス腱を負傷し、今回のグループリーグは欠場する。

•セルティックは、リーグ戦で二位だ。7試合で勝ち点19点を手にしており、1試合多く戦っているカレドニアン・ティッスルFCと同点首位に立っている。

• アヤックス戦(4-0)において、FCバルセロナの選手は誰もイエローカードを受けていない。

• 試合の主審は、フランス人ステファン・レノイであり、バルサの試合の笛を吹くのは3度目だ。ストゥットガルト戦の3-1 (2007/08年)、コペンハーゲン戦の2-0(2010/11年) 以来だ。セルティックの試合を率いるのは、初めてになる。

上に戻る