fcb.portal.reset.password

Celebració de la Lliga 2005/06 a Balaídos. FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB.

今週の火曜日に行なわれるセルタ-バルサ戦だが、この試合は、過去に多くの驚くべきシーン、ほろ苦いシーン、喜びのシーン、感動的なシーンなどを生み出してきた。最近、1-年のバライドスでの様子をここで改めて再現する。

シーズン1993/94: ハジ、霧の中で
農務の中で、ジカ・ハジは、天才的なゴールを生み出した。試合90分、ピッチの何中から、このルーマニア人アタッカーはゴールに向かってシュートすることを決め、それが2-3とスコアを変えるハメになったのである。ゴールキーパーのビジャヌエバは、ゴールの奥に吸い込まれていたボールを殆ど見ることができなかった。このゴールはバルサ史の中でも、最も奇妙なゴールの一つとなった。

シーズン2002/03: フアン・ハールの退任を招いた黒星
バルサがバライドスを訪れたのは、19節目であり、当時の順位表で中盤から下のゾーンにいる大事な時期だった。その日、セルタは2-0で試合を制し、その結果、この負けはルイス・フアン・ハールの退任を招くことになった。ここでフアン・ハールのバルサの監督としての第二期は終わりを告げた。クラブは、近年の中で、最悪の時期を迎えているところだった。

シーズン2005/06: ハーフタイムにチャンピオン
バレンシアが負けて二位が確定したため、バルサはセルタの試合の最中にリーグチャンピオンになることが決まった。フランク・ライハールトとの率いていたチームは、それを知っても気を緩めることなく、サミュエル・エトーのゴールで試合に勝った。その年、最終的にパリで二度目のチャンピオンズリーグを制覇するに至った。

シーズン2011/12: アビダルの復帰、メッシの超人的記録
昨シーズンのセルタ-バルサ戦は、非常に感動的なものとなった。エリック・アビダルが、肝臓移植手術を受けた後、1年たって、再び、招集リストに入ったのだった。最終的にはピッチでプレーすることはなかったが、アビダルは、バライドスのスタンドから大きな拍手を受けた。試合は2-2で終わり、レオ・メッシは、ここで決めたゴールで全部のライバルチームを相手にゴールをマークするという記録を作った。

上に戻る