fcb.portal.reset.password

カンプノウで祝勝をあげるプジョル. FOTO: Arxiu FCB

カルラス・プジョルは、今季末にバルサを離れると発表した。プジョルはデビュー以来、14年間、トップチームに在籍、今日まで合計593試合にバルサのユニフォームを着て参戦し、18ゴールをマークした。

続けてカルラス・プジョルのサッカーキャリアを10の瞬間に要約し、振り返る。:

  • 1999年10月2日. この日、ルイス・フアンハールがトップチームデビューをさせた。後半にリーグ戦でシマオと交代し、バジャドリードでデビューを果たした。このシーズンは、フアンハールのもと、37試合に参戦した。
  • 2000年10月21日 22歳の若さのプジョルに、ロセンソ・セラ・フェレルは、プジョルに、カンプノウにレアル・マドリードの選手として戻ってきたルイス・フィゴをマンマークするよう、要請した。プジョルは素晴らしい試合を行ない、バルサは試合を2-0で制した。

  • 2001年11月11日 デビュー同様、最初のゴールはバジャドリードと関連付いた。プジョルはプルセラで、右サイドからー最初の数年、プジョルは右サイドバックとしてプレーして いたー、サビオラとワンツーでもっていき、バルサで最初のゴールをマークした。 バジャドリード戦の2-0となった得点であり、試合は最終的に4-0で終わった。
  • 2002年10月23日 プジョルの伝説は、こういった夜にさらに大きくなっていった。相手からのゴールをエスクードでクリアしたのだった。そのハートの力で、バルサはチャンピオンズリーグでのリコモティブ・デ・モスクワを相手に、試合を1-0で制した。
  • 2005年5月14日 プジョルの最初の5年間は、バルサはハードな年を過ごしていた。その間、トップチームは全くタイトルを制覇することができず、それは興味深いことにプジョ ルがキャプテンとなった2004/05年にもたらされた。5月14日にレバンテで、バルサは1‐1でドローに終わり、フランク・ライハールトをベンチに、 プジョルにとって最初のリーグ優勝を手にした。
  • 2006年3月17日  14年前のアレチャンコのように、カルラス・プジョルはバルサの史上2度目のチャンピオンズリーグを持ち上げる役割を担った。逆転し、アーセナルを相手に2-1で試合を制し、雨のふるパリで歴史を作ったその夜は完璧で、プジョルは歴史になった。

Carles Puyol és l’encarregat d’aixecar la segona Lliga de Campions

  • 2009年5月2日 プジョルは宿敵相手に2-6で終わったサンティアゴ・ベルナベウほどの試合は繰り返せないだろう。プジョルは1-2にしたゴールを決め、試合を逆転させ、アウェー先でキャプテン章をとり、世界が見守る中、その腕章にキスして見せたのだった。
  • 2009年12月19日 バルサ史上最高の年である、2009年は、クラブ史に残る忘れられない年であり、クラブワールドカップを手に終えた。プジョルは偉大な日は常にそうだったように、スタメンであり、アブ・ダビで優勝カップを持ち上げたのだった。

  • 2011年5月28日 チャンピオンズリーグの決勝で、プジョルは再び、ウエンブレイで記録を生み出すことになった。プジョルにとって3回目の正はであり、エリック・アビダルに 優勝カップを手渡し、あげさせたプジョルの思い遣りは、全世界の記録に残ることになった。絵陸・あビダルは数か月前に癌で苦しんでいることを発表してい た。
  • 2013年10月19日 膝を負傷し、 220日後にプジョルはオサスナのピッチで復帰 (0-0)し、スタメンでプレーした。バルサのディフェンダーは、一歩ずつ、そのリハビリのプロセスを乗り越えて 再び、バルサのキャプテンマークを付けた。負傷は約7か月、バルサをピッチから遠ざけた。

上に戻る
_satellite.pageBottom();