fcb.portal.reset.password

Puyol, en l'entrenament d'aquest dijous / FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

「僕にとっては、長い7か月だったが、おかげで僕はもう、ここにいる。チームの状態はいいし、やる気であふれているよ。クラシコは、あらゆる選手がみんなプレーしたいと願う試合だ」と話したぷrジョルは、フィジカル的に調子がいいことも明かし、「具合はとてもいいよ。感触もいいし、監督が使える状態にいる。僕のプレースタイルは変わらない。いつでも、全力を尽くすためにピッチに立つ」とコメントし、エル・サダルでプレーした後、より調子がいいことも伝えた。

今週の土曜日のクラシコについては、FCバルセロナのキャプテンは、明白だった。「リーグ戦が決まるわけではない。まだ、試合はたくさん残っている。とはいえ、クラシコはいいプレーを見せて自信をつけるには絶好の機会だ」「マドリードはいつも最大限に要求してくるチームだ。どんどん試合内容も良くなっている。勝つためには、かなりうまくプレーしないとならない。彼らがカウンターを得意としているのは知っている。彼らのことは僕らはよく知っている」と記者会見場で、プジョルは説明した。
マドリードは、ここ数年、カンプノウでもいい試合をしている。だが、ファンから支えられるのは、常に大切なことだ。
バルサの '5番' は、チームが週ごとに良くなっていることを指摘し、難しい試合にもかかわらず、今回、ホームで戦うという要因が助けてくれるだろうと期待した。「マドリードは、ここ数年、カンプノウでもいい試合をしている。だが、ファンから支えられるのは、常に大切なことだ」
僕らはハイレベルの4人のセンタバックがいる。バルトラは、今後、何年もセンターバックとして使えるだろう。
また、プジョルは再び、チームメートと共にプレーできることの喜びを表現し、チーム内の他のセンターバックについても意見を述べた。「僕らはハイレベルの4人のセンタバックがいる。競合があるのは、いいことだ」といい、マルク・バルトラ について「新聞で彼のレベルを超えられないといった名前を見たが、やる気を失わず、練習を続けていかなければならない。決して自身を失ってはならない。僕らはここから何年も使えるセンターバックを手にしていると思う」と話し、マスチェラーノについては、「彼は自分自身に対する要求度が高すぎると思う。彼はとても高いレベルにいる。世界に彼のレベルでプレーできるセンターバックは、殆どいない。もし、彼がうまくいったポジティブなプレーの映像のみでビデオを作れば、ミスした部分よりもずっと長いものができるよ」と意見した。

上に戻る