fcb.portal.reset.password

Ronaldinho celebra un gol durant el seu primer any / FOTO: ARXIU FCB

バルサにやってきたブラジル人選手は、バルセロナのユニフォームを着てすぐにサポーターの前でその実力を見せつけた。すぐにゴールを決めた例に ロマリオ、ロナウド、リバウド、ロナウディーニョがいる。FCバルセロナにやってくる‘カナリア’からの最後の選手、ネイマールJrも その足跡を継ごうとしている。

30越え
中でもロマリオとロナウドは、記憶に鮮やかだ。1993/94年、ロマリオは最初のリーグ戦で30ゴール以上をマークした、この記録が超えられたのは、3年後の1996/97年、PSVからやってきた ロナウド によってだった。ロナウドは34ゴールをマークし、 ロブソンがスーパー杯、国王杯、欧州ウイナーズカップを持ち上げるのに尽力した。

ロナウディーニョのゴールとマジック
ブラジル人が決めたそのゴールで最初にサポーターを喜ばせたのは、エバリスト・マセドだった。 1957/58年のことであり、サインしたその年に13 ゴールをマークした。似たような数字を決めたのは、ガンマン ソニー・アンダーソン (1997/98年に10ゴール) とロナウディーニョ・ガウチョ (2003/04年15ゴール)だった。  '10番'は、ゴール以上のものー笑顔とマジックーを手にカンプノウに降り立ち、クラブの行先を示した。

他にも、ロベルトが1979/80年 (2ゴール) 、 ジョバンニ・デイベルソンが 2000/01 年(1ゴール)にやってきたが、前述の選手らに比べると活躍できなかった。

他のFW

ここ数年、FCバルセロナは偉大なFWを補強してきた。2004年には、カメルーン選手のサミュエル・エトー がやってきて29ゴールを初年度にマークした。

2007/08年は、 ティエリー・アンリがバルサのユニフォームを着てプレーし、19 ゴールを決めた。 スラタン・イブラヒモビッチは、2009年にバルサでデビューし、 21ゴールを決めた。 ダビッド・ビジャ は、2010年の初年度に23ゴールをマークした。

サントスの得点王としての指針

次はネイマールの番になる。ネイマールは、サントスでは、ここ数年、その得点能力で攻撃の舵をとってきた。サン・パウロの チームでは、274 試合中170ゴールをマークした。 2009年には、たった17歳でトップチームデビューし、48試合中14ゴールをマークした。2010/11年には、 60試合に参戦し、42 ゴールを決めた。

2011/12年には 43 ゴールをマークした。2011年リベルタドーレス杯での6ゴールが、大会ゴールランキングの3位にネイマールを据えた。2013年の最初、ネイマールはカンピオナート・パウリスタでサントスと共にデビューし、23試合に参戦し、13ゴールを決めた。


上に戻る