fcb.portal.reset.password

Bojan Krkic. FOTO. Arxiu FCB

FC バルセロナとアヤックス・アムステルダムは、ボジャン・クリキッチを2013/14年、レンタル移籍することで合意に達した。

1990年8月28日生まれのカタルーニャ人選手は、元バルサの選手、フランク・デ・ブールの指揮の元、プレーすることになる。アヤックスは、昨年、リーグ優勝を果たし、来季、チャンピオンズリーグへの参戦が決まっている。

イタリアサッカーにお別れ

FCバルセロナを2011年の夏に離れてから、ボジャンにとっては三つ目のクラブチームになる。リニョラ出身の選手は、二年間、‘カルチョ’でプレーし、1年目はASローマで、二年目はACミランに在籍した。

イタリアの首都では、ベンチでルイス・エンリケと重なった。ボジャンは、37試合中7ゴールをマークした。その翌年 (2012/13)、リソネッロのクラブに映ったが、マッシミリアノ・アレグリ監督が率いるチームでの活躍度は減った。

バルサのトップチームで4シーズン

バルサのユースカテゴリーで育ったボジャンは、そのゴール嗅覚で際立っていた。ボジャンは、2007/08年、トップチームにフランク・ライハールトの手によって引き上げられた。リーグ戦で4113分、プレーし、26ゴールをマークし、平均158分ごとにゴールを決めた。

上に戻る