fcb.portal.reset.password

Bojan ha arribat aquest estiu a l'Ajax d'Amsterdam / FOTO: AJAX.NL

[[DES_1]] ボジャン・クリキッチ が水曜日にカンプノウに戻ってくる。この間は、ミランと共に帰ってきたが、今回は今季、レンタル移籍しているアヤックスと共に戻ってくる。 カンプノウでバルサ以外のユニフォームを着ることを既に知っているリニョラ出身のFWは、試合を最高に楽しみに待ち受けているという。アヤックスの公式TVインタビューで応えたボジャンは、「バルサはとても小さい頃から育ててくれ、僕に全てを与えてくれたクラブ」「多くのことを学んだし、僕がトップでプレーできる可能性を与えてくれ、プロサッカーの一部になれるよう、育ててくれた」と話した。 サッカーをプレーしている時、90分間、ユニフォームを守っている時は、そこに感情はない

だが、そういった愛情をバルサに持っているとはいえ、ボジャンが、水曜日にアヤックスのチームメートと共にスタジアムで良い結果を出すために戦うのは明白だ。 「サッカーをプレーしている時、90分間、一つのユニフォーム、クラブ、サポーターを守っている時は、そこに感情はない。最大限の力を出し切らなければならない」 「感情は試合の前後にはあるが、戦っている時は、それを超える力を持つ必要がある」と付け加えた。また、バルサの選手では、イニエスタやピケなどと今でもコンタクトをとっていることも明かし、「あそこで最高の4年間を過ごしたし、あのグループはとてもいいんだ」と話した。 欧州でも優れた二つのチームが初めて対戦するのだから、歴史的で素晴らしい試合になることだろう。

ボジャンにとってはっきりしているのは、今週の水曜日のバルサーアヤックス戦は、 「欧州でも優れた二つのチームが初めて対戦するのだから、歴史的で素晴らしい試合になることだろう」 ということだ。23歳のアタッカーは、フランク・デ・ブールが率いるチームは、「最高の状態を引き出すつもりで、真剣さとやる気にあふれてプレーしなければならない」と話し、「世界一のクラブ」と戦うのだとわかっているという。「僕らにとってモチベーションになる」とボジャンは話している。

上に戻る