fcb.portal.reset.password

Pedro celebra el 0-2, un golàs / FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB

バルサは、ベニト・ビジャマリンから首位の座を更に固めて去ることになった。 ネイマールJrとペドロが前半に、セスク(2)が後半にゴールをもたらし、ヘラルド・マルティノのチームに代表週に入る前に、再び、新たな勝利を与えることになった。今週の日曜日の試合は、容易なゲームではなかった。勇敢に向かってきたベティスに、バルサは効率の限りを尽くすことを求められ、また、再び、メッシが負傷に陥った。 セビージャで勝利を得たものの、それが最悪のニュースとなった。

この勝ち点3を胸ポケットに収めて、FCバルセロナは代表戦のAマッチでリーグが止まる週に、首位の座を更に固めることになった。アトレティコ・デ・マドリードがビジャレアルのピッチで勝利を挙げられなかった(1-1)ために、その勝ち点差は3に引き伸ばされ、レアルマドリードとは6点差をつけている。

英雄バルデス

選手らは、アトレティコ・デ・マドリードの試合結果を知った上でベニト・ビジャマリンに飛び出した。ここで勝利をあげれば、タタ・マルティノが今週の火曜日に望んだ落ち着きがもたらされるとわかっていた。その‘落ち着き’こそが、最初、チームに欠けていたものだった。ベティスはディフェンスラインを非常に高くあげて攻撃的に攻めてきた。バルデスは、ホルヘ・モリーナやフアン・カルロスの二度のシュートや数多くのチャンスをセーブしなければならなかった。バルデスが前半20分に負傷したメッシと共に、苦しんでいたバルサの命をつないだ。イニエスタがメッシの代わりに入った。

3分間に2得点

メッシの負傷によって受けた傷をチームは、ゴールで跳ね返した。ソングがベティスの全ディフェンダーを破り、スペースを作り出すと、見事なパスをセスクにつなげた。セスクがネイマールJrに送ったパスはアシストとなった。その1分後には、ペドロが素晴らしい個人プレーから、試合を0-2にした。自ら、ピッチの中央でパスを繰り出し、更にフィニッシュまで決めたのだった。ペドロのスーパーゴールで勝利に向かっての弾みがついた。

セスクが3、4点目

ベティスは、この二重の打撃から、立ち直れなかった。後半が始まり、再び、トライしてきたが、常に完璧な試合をみせたバルトラが立ちはだかり、また、フアン・カルロスが繰り出したミサイル弾は、バルデスの右ポストに弾けた。ベティスにとって、ついている日ではなかった。ディフェンダーは相変わらず、ハイリスクを犯してプレーしていた。メルは、自身の選手にバルサの選手を中盤で受けるように指示した。そのため、ペドロ、ネイマールJr、セスクは、スペースを自由に使うことができたのだった。

3点目が入るのは、時間の問題だったが、最終的にセスクが決めた。左サイドからモントヤが出したアシストを受けて決めた。その前に、ネイマールJrが二回、カウンターアタックからの明確なチャンスを逃していた。セスクは、疲れをみせず、更に0-4の得点を決める主役にもなった。このゴールで、バルサの‘4番’は、アウベスが右足から出した正確を期したパスを受けて、ヘディングで押し込んだ。

試合の終盤で、全てが決まった後、マルティノはテジョとセルヒオ・ロベルトにプレー時間を与えた。彼らが芝に立った状態で、バルサはPKの笛を吹かれ、それがロスタイムにベティスに点差を詰める結果を与えた。アウベスがマティジャをつかみ、ホルヘ・モリーナは、バルデス騙して11メートルの位置からゴールを決めた。だが、気にならなかった。バルサはより、首位の座を固めてベニト・ビジャマリンを去ることになったのだから。


上に戻る