fcb.portal.reset.password

Messi i Cesc, celebrant un gol / FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB

今週の日曜日の夜、困難な試合にバルサは臨むことになる(21時 , Canal Plus局) FC バルセロナは、ベニト・ビジャマリンでの試合を行なう。ベティスのスタジアムは、バルサに最も問題を与えることの多いスタジアムであり、それも、今回はセビージャにジェラルド・ピケ、セルヒオ・ブスケッツ不在で臨まなければならない。ピケは用心のため、ブスケッツは監督判断で招集されなかった。この二人の不在に加え、この遠征が困難を極めるのは、これが代表週で再び、リーグ戦が止まる前の最後の試合になるからだ。マルティノの率いる選手とにって、今季、無敗だが、ここが本番の勝負どころとなる。

ソング、スタメン

いつも通り、タタ・マルティノはスタメンになるイレブンについて、あwずかなヒントしか与えなかったが、その言葉から、アレックス・ソングがスタメンになるだろうと読み取れた。ブスケッツ抜きのチームで、アフリカ人選手がセビージャで大きな役割を果たす算段は高い。また、ディフェンスの顔ぶれが変わることも義務づけられている。プジョルとバルトラはピケの残したポジションを占める可能性があるが、マスチェラーノに休みが与えられない可能性もある。

11試合中2勝

歴史的にFCバルセロナは、ビジャマリンで勝利をあげるのに苦労している。勝ち点3を手にしたのは、最近11試合のうち、たった2回のみ(2005 / 06年の1-4と2012/13年の1-2)だ。 とはいえ、ベティスの現況は、楽観的ではない。順位表で 現在、15位であり、正GKのギジェルモ・サラ、ペルキス、フアンフラン・モレノ、ロレンソ・レジェス、ルベン・カストロが負傷欠場する。 更にチカが累積欠場となる。


上に戻る