fcb.portal.reset.password

 

バルサのトップチームの試合日程が16節まで発表された。プロサッカーリーグの発表によれば、タタ・マルティノのチームは。ベニト・ビジャマリンのスタジアムで、ベティス―バルサ戦  (11月10日21時)、を戦い、その後、再び、代表週に入る。再び、リーグが再開するのは、バルサ-グラナダ戦 (11月23日, 16 時)だ。それから、アスレティック-バルサ戦 (12月1日 21 時) 、 バルサ-ビジャレアル戦 (12月14日 20 時)と続く。

代表週前に、リーグ戦5試合、チャンピオンズリーグ戦2試合

この土曜日、 パンプローナで バルサはオサスナと午後8時から対戦する。その後、カンプノウでのクラシコが10月26日土曜日18時から行われる。その次の州には、リーグ戦2試合が行われる。10月29日、火曜日にはセルタのスタジアムで22時から試合が行われ、11月1日の金曜日、21時からはエスパニョールとのダービー戦が行われる。この激動の3週間は、セビージャでのベティス戦で幕を閉じる。

しかし、このリーグ戦5試合意外にバルサはこの22日間の間に、チャンピオンズリーグ2試合をこなす必要がある。10月22日には、ミランとの対戦がサン・シロで行われ(20時45分)、11月6日には再び、ミランと対戦するが、今回はカンプノウで対決することになる(20時45分)。

クリスマス前のラストスパート

11月23日に行われるバルサ-グラナダ戦は、クリスマス休暇前の最後の試合となる。26日には、チャンピオンズリーグのアヤックスーバルサ戦があり、その翌日曜日には、再び、サン・マメスへの遠征がある。リーグ戦でのアスレティック戦、ビジャレアル戦の間には、国王杯32強進出の第一戦(12月6日に予定されている)があり、チャンピオンズリーグのグループ予選を終え、バルサ・セルティック戦が12月11日に行われる。

クリスマス前には、更に国王杯の第二戦が12月18日に、12月22日にリーグのヘタフェ戦が待ち受けている。この最後の2試合は、まだ時間は決定していない。

上に戻る