fcb.portal.reset.password

エルチェの選手3人を振り切るバルトラ/ FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

スコアレスドローに終わったエルチェでの試合後おnトップチームの選手のリアクションは、下記の通り。

マルク・バルトラ

試合中、ずっと得点できると信じていたが、同時にディフェンスもしっかりとプレーしなければならなかった。試合は気がおかしくなるほどのものだったが、僕らは、冷静さを保ことができ、最後の試合をホームで戦えることになった

このリーグ戦では、僕らにあらゆることが起きた。それはスポーツ面、スポーツ以外の両面においてだ。このチームは精神的にとても強いし、今は、土曜日の試合に備える時だ」

「優勝候補というのはおいておき、ホームで戦う、サポーターの前で戦う決勝であるかのように試合に集中しなくてはならない。僕らは、サポーターに喜びを与えたい気持ちでいっぱいだ」

マスチェラーノ

「残留を懸けたチームとプレーしたんだ。彼らは難しい状況を生み出した」

「自らを非難するようなことはなかった。サッカーはトライし、全力を尽くすものだ。今日、僕らに少し、欠けていたのは、最後20メートルでの幸運だったが、僕らは全てを出し尽くした」

「アトレティコとの試合は、ファイナルになる。勝利しか許されないことはわかっているが、プレーしたい気持ちでいっぱいだ。最後のフィエスタが完璧なものであって欲しい」 

「一部の選手にとっては、バルサでの最後の試合になるだろう」

ダニ・アウベス

「今季は僕らにあらゆることが起きたが、僕らは再び、リーグ優勝できるチャンスを手にしている。アトレティコに勝つことだけを今は考えるべきだ」

「物事を手にするのは、とても大変なことだ。実際、3チームがまだそれを手にしていないということは、それを達成することの価値を増やしている」 

「もし、僕らがタイトルにふさわしいのなら、それはアトレティコの前に勝利をあげて、証明しなければならない。僕らは再び、リーグタイトルを手にするチャンスを得ているし、この目的を達成するために、あらゆることを僕らは行なわなければならない」

アドリアーノ

「唯一の試合だ。この試合のことのみを考えなければならない。僕らは何もリザーブしてはならない。必死に探してきた成功が手に入ることを期待している」

「今日、僕らはチャンスを手にし、機会を生み出し、最後までトライしたが、勝利をあげることはできなかった」

「ドローが生き残らせてくれている。リーグ戦をホームで決められれば、最高のプレゼントになる」

「僕らは辛抱強く戦ったが、気が違ったようにはならなかったし、リスクはおかさなかった。僕らは勝ちたかったが、ドローはホームで優勝を決めるのに役に立った」

「神経戦になるだろうし、ストレスの多い試合になるだろう。だが、僕らはコントロールする術を知らなければならない。正面にいるライバルは強敵だが、僕らにはとても重要なタイトルを手にする可能性がある」

アレクシス

「土曜日、アトレティコを前にしたファイナルに僕らは勝たなければならない」

「試合に勝てるという自信があった。アトレティコも勝つだろうと思っていたから、でも、バルサであるがゆえのプレッシャーはあるし、最後のファイナルは僕らが勝つべき試合だ」

「少し、幸運に見放されていた。一番難しいチャンスメークはできたのに、得点できる幸運に欠けた」

「ロッカーで、アトレティコの試合が終わったのをみんなで祝った。これから土曜日にファイナルがある。すばらしい試合になる。彼らは好調だが、僕らは僕らのサポーターと共にカンプノウで戦うことができる」

上に戻る