fcb.portal.reset.password

試合でのバルトラ / Photo Miguel Ruiz

pic_2014-04-20 BARCELONA-ATHLETIC 34-Optimized

バルサ TV のマルク・バルトラ/ FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB

マルク・バルトラは、リーグ優勝の可能性を信じ続けている。「勝利が希望をまだ、もたらしている」と日曜日の夜、アスレティック・クラブを2-1で制した試合後にバルサTVの‘エル・マルカドール’に出演したバルトラは語った。「僕は満足しているし、チームメートのみんなを誇りに思っている。僕らが来た場所を館あげても、この試合で逆転するのは簡単なことではなかった」と付け加えた。

バルサの'15'番は、0-1になっても、試合のリズムがネガティブに働くことはなかったと断言した。「僕はいつもポジティブなんだ。アドゥリスが最初にゴールを決めたが、僕らは前進して乗り越えられると信じていた。僕らはバルサだ。僕たちは全力を尽くして、リーグ優勝を目指したいという気持ちを出し尽くした」と言い切った。 .

バルトラは、ペドロのゴールまで、多くのチャンスを失ったことについて、「まるでボールが入りたがらなかったかのようだった」と説明したが、シーズンの終盤にチームがこの決定的な試合で勝利を収めたことに満足している様子を見せた。

また、アスレティック・クラブとの試合だけでなく、国王杯で1-2になったきっかけのガレス・ベイルの試合についても触れ、「客観的に見れば、もっと強く動かなければならなかった。その後、ハムストリングの傷みが襲ってきた」と告白した。

また、今季、かつてないほど、成熟し、成長し続けていることも明かし、「監督やチームメート、プジョルのアドバイスで僕はとてもたくさんのことを学び続けている。全てがうまくいっていることに僕はとても感謝しているし、ここで長い間、続けていければと思っている」と話した。

上に戻る