fcb.portal.reset.password
ショネの目の前でボールをコントロールするイニエスタ

試合中のイニエスタ FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

 FCバルセロナがアムステルダム・アレナで2-1で、シーズン最初の負けを喫した試合から得られた多くの興味深いデータは、下記から。

  • ピントが失点したチャンピオンズリーグ初試合となった。

  • 実際のプレー時間は、54分9秒であり、プレーが止まっていたのは、40分57秒間

  • 20試合無敗を続けてきた後、FCバルセロナは初めての負けを喫し、21試合連続無敗の開幕最高記録に並ぶことはできなかった。

  • 後半の支配率があがるにつれ、ポゼッションも最終的にバルサが 61,4% を手にした。

  • ペドロにとってチャンピオンズリーグでの 50試合目となった。ペドロはこの大会で 14ゴールをマークしている。
  • バルサのアクションは 917回、 フランク・デ・ブール率いるチームは596 回。

  • アムステルダム・アヤックスのシュート回数は、 10回、バルサは 7 回。

  • バルサが出したパスは695回、その中で成功したのは 583回。

  • アヤックスの犯したファウルは 21回、タタ・マルティの率いるチームは、 17回。

  • バルサは、イエローカードを5枚受け (ファブレガス、ピケ、モントヤ、イニエスタ、ネイマール) 、オランダ勢は2枚(フアン・ライン、シェネ)

  • セスクは、三枚目のイエローカードを受けたため、累積警告で、次戦のセルティック戦は欠場する。

上に戻る