fcb.portal.reset.password

Puyol, al costat de Damià i el quartet arbitral / FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

今週の土曜日、エル・サダルでの結果(0-0)は、コルネジャープラットで行われたアトレティコ・デ・マドリード の試合(1-0)により、結果的に勝ち点25点で、 バルサをリーグで単独首位に押し上げた。首位のバルサは、アトレティコよりも勝ち点で1点、次のカンプノウでのライベルとなるレアルマドリードよりも勝ち点で3点上回っている。

その他の数字や興味深いデータをここで改めて振り返る。

- バルサはリーグ戦で46節連続で首位の位置を占めている。 歴史的記録まで、あと7だ。

- バルサは今まで参戦した公式試合13試合中8試合を無失点で抑えている。

- 2011年1月28日のビジャレアル以来、バルサが試合で得点しなかったことはなかった。64節連続で得点し続けていた。

- プジョルは再び、ディフェンスの要としてスタメンを張った。 最後にプジョルがスタメンとしてプレーしたのは、2012/13年リーグ戦27節のバルサーデポルティーボ戦だった。.

- カルラス・プジョルとマルク・バルトラ は、決して一緒にスタメンを張ったことがなかったが、今回、土曜日のエル・サダルで初めてスタメンを共に組んだ。

- プジョルは復帰試合でフル出場を果たした。内容としては、68回のパスを通しーその制度は99%だったー、9回、ボールを跳ね返し、13回、取り戻した。ファウルは一度も犯さず、二回のファウルを受けた。

- モントヤにとっては、今季、二度目のスタメンだった。最初にスタメンとしてプレーしたのは、ラヨ戦(0-4)。

- セスク・ファブレガスとマルク・バルトラは、これで4試合連続でスタメン出場を果たしている。

- バルサのエル・サダルでのスタメンは、バルサで育った選手9人とブラジル人選手2人で構成された。

- オサスナのピッチで最も優れたパサーだったのは、アンドレス・イニエスタで、125回パスを出し、そのうち、108回のパスを通した。

上に戻る