fcb.portal.reset.password

Messi, a la Supercopa de la temporada passada. FOTO: ÀLEX CAPARRÓS-FCB.

238日ぶりに、バルサとマドリードは再び、顔をあわせる。以下がこのクラシコの裏に隠されているデータだ。

- 大会全体では、バルサはマドリードを制することができない状態が5試合続いている (2分け 3敗) ものの、この10年間の間、その数字が6試合まで達したことはない。


 - マドリードは最近、2回のクラシコを制しているが、1979年以来、3回続けて制したことはない。

 - もしも、 レオ・メッシ がゴールを決めた場合は、クラシコ史上、最多ゴールを決めている アルフレド・ディ・ステファノ の記録を破ることになる。


 - クリスチャン・ロナウド は、カンプノウでの6回の訪問全部で、欠かさず、ゴールを決め続けている。


 - バルサはリーグ戦の10節目にマドリードを迎えた過去の3試合で勝利をあげている。:1940年の3-0, 1956年の1-0,1985年の2-0だ。


 - ヘラルド・マルティノとカルロ・アンチェロッティ は、両者とも他のリーグのクラシコで一度も負けたことがない。両者とも、バルサーマドリード戦は初めてだ。


 - チャビ・エルナンデスとカルラス・プジョル は、二人ともクラシコに25回、参戦しており、今日、出場した場合、バルサでクラシコの最多出場数を誇るミゲリの記録を超えることになる可能性がある。


 

上に戻る