fcb.portal.reset.password

La samarreta de la senyera.

2013-07-22 TARDE 09-Optimized

FC バルセロナは、2013/14年のプレシーズン最初の試合をカタルーニャ州旗デザイン仕様のセカンドユニフォームでスタートする。バイエルン・ミュンヘン戦は、ティト・ビラノバの健康上の問題が発表された後、グダンスクで予定していた親善試合が延期されたため、バルサのプレシーズン最初の試合の位置づけとなる。

2シーズン前、バルサがバイエルンとアウディ・カップの決勝で戦った時、やはり、セカンドユニフォームで対戦した。今回のこのセカンドユニフォームは、発売から数日で、過去にない販売記録を達成し、サポーターからの人気を誇っている。

試合は 18時30分から

一方で、ミュンヘンでの試合時間が変更になった。当初は、20時半にキックオフの予定だったが、試合は2時間早まり、18時半 のスタートとなる。

これは、ユーロ女子準決勝にドイツ代表が進んだため、当初の予定変更を余儀なくされる結果となった。バルサの試合を放映する放映曲が、ユーロ女子の放映権を持っているためで、バイエルンーバルサ戦の当初の予定時間と重なったことから、変更となった。

この時間変更の予定は、UEFAがドイツのテレビ局と最初から了承済みだったので、想定内だった。チームが準決勝に進んだ場合、試合を放映するよう、義務付けられている。

再会

バイエルンでは、元バルサのペップ・グアルディオラとティアゴ・アルカンタラに再会することになる。その後、バルサは、ノルウェーに移動し、今週の土曜日19時から、オスロのウレバアル・スタディオンでバレレンガと対戦する。

23人で午前練習

23日午前中の練習は、ジョアン・ガンペル練習場にて、ジョルディ・ロウラとルビが統率し、トップチームからの選手12人にバルサBの選手11人を加えて、合計23人で行われた。

カルラス・プジョル、イブラヒム・アフェライ、イサック・クエンカは、引き続き、リハビリメニューをこなした。

招集リスト

今日の午後、ミュンヘンとオスロへ遠征する選手の招集リストが発表される予定だ。

バルサは再び、ダブルセッションに戻り、23日の午後練習は19時から行われる。

上に戻る