fcb.portal.reset.password
グラナダ戦でのピント

グラナダ戦でのピント FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB.

バルサは、今週の日曜日、新しいサン・マメスでデビューを果たし、リーグ戦の最高の開幕戦記録を貫き、首位を守るために戦う。現在まで、勝ち点42点中40点を手にしている。だが、アトレティコ・デ・マドリードがドローーエルチェでの昨日の勝利のおかげだーと勝ち点で並び、また、アムステルダムでの今季初黒星の後、より良いイメージを取り戻すためにも、バルサは勝利を必要としている。

火曜日のアヤックスのように、アスレティック・クラブは強度の高い試合を狙ってくるだろう。エルネスト・バルベルデの率いるチームは、ボールを手にする主役の座を狙っているようだ。

アドリアーノが復帰もプジョル欠場

タタ・マルティノは、数多くの負傷者を抱え、再び、新たなイレブンで臨むことになる。バルデス、アウベス、プジョル、ジョルディ・アルバ、メッシ、ドス・サントス、テジョ、アフェライ が引き続き、欠場するが、アドリアーノは復帰した。それに召集リストは、バルサユースからアダマとパトリックが加わった。

バルサは、新サン・マメスで、あらたな記録に挑もうとしている。もしも、3点差あるいはそれ以上の得点差で首位として、ピッチを去ることになれば、それは53週間連続で、順位表一位を手にする結果となり、1988年にマドリードが樹立した記録に並ぶことになる。

単純なゲームになるとは思われない。アスレティック・クラブは、新しいホームスタジアムで、1試合も落としていない。それどことか、ビルバオは最近10年間の中で、最高の成績を収めており、今日の試合に勝てば、チャンピオンズリーグ枠に入ることになる。アタッカーのアドゥリスが最も大きな欠場だ。

上に戻る