fcb.portal.reset.password

Diversos jugadors del Barça que han fet el viatge d'anada i tornada

FCバルセロナとアヤックスのつながりは70年代に始まった。 きっかけは、1973年、ヨハン・クライフがFCバルセロナに移籍してきたことだった。それから40年間、両チームは公式戦で戦ったことがなかった。 ここにアヤックスからバルサへ、バルサからアヤックスへ動いた全員を振り返る。

クライフからニースケンス、マックスウェル

クライフ (1973-1978)がやってきてから、全部で13人もの選手がアヤックスからバルサへとやってきた。全員が直接、きたわけではないが、そのリストは長い。バルサで長いキャリアを積んだ歴史的な選手もいれば、それほどでもない地味な選手も含まれている。

ヨハン・ニースケンス (1974-1979), リチャード・ウイッチェ (1991-1993), ジョルディ・クライフ (1994-1996), フランク・デ・ブール (1998-2003), ロナウド・デ・ブール (1998-2000), ウインストン・ボガルデ (1998-2000), パトリック・クライファート (1998-2004), マイケル・レイシハー (1997-2004), ジャリ・リツマネン (1999-2001), マーク・オーフェルマルス (2000-2004), エドガー・ダビッツ (2004), スラタン・イブラヒモビッチ (2009-2010), マックスウェル・シェレール (2009 -2012)。このリストの中で、ウイッチェとマックスウェルが、バルサと共にチャンピオンズリーグを手にしている。

逆方向

バルサのユニフォームをいて、その後、アヤックスのチームに行った最初の選手は、ミヒャエル・ラウドルップだった。この成功を収めたデンマーク出身のミッドフィルダーはバルサで5年間 (1989-1994)プレーし、そのキャリアを 1997-1998年にオランダで終えた。アムステルダム・アレナを通り過ぎた他の5人の選手は、ガブリ・ガルシア (2006-2010), ルジェ・ガルシア (2006-2007), オレゲル・プレサス (2008-2011), イサック・クエンカ (2013) そして現在、フランク・デ・ブールの指揮下にいる ボジャン・クリキッチ (2013)だ。

上に戻る