fcb.portal.reset.password

Dani Alves ha parlat de Messi i Neymar a la sala de premsa de la Ciutat Esportiva / FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

ダニ・アウベス は、水曜日にアトレティコ・デ・マドリード戦で負傷のため、メッシがピッチを離れなければならなかったことについて、重きを置くことを避けた。 「メッシがプレーしない時、心配するのは普通。彼は毎日でも、プレーしたいのだから。でも、だからといって警笛を鳴らす必要はない」 と話すアウベスは、いつも通り、ジョークを交えて、「フェラーリでも、時には整備工場に出さなければならないんだからね」と表現した。 もし、世界一の選手がチームにいたら、彼に頼ってしまうのは避けられないよ。その不在ができるだけ目立たないよう、僕らは努力している。

その意味で、アウベスはチームがメッシに頼る傾向があることを認め、「もし、世界一の選手がチームにいたら、彼に頼ってしまうのは避けられないよ。その不在ができるだけ目立たないように僕らは努力している」と話した。

もし、ロッカールームにネイマールを良く知っていて、彼のそばにいる選手がいるとしたら、それは代表でのチームメートであり、現在はバルサでもチームメートになったダニ・アウベスをおいて他にいない。そのアウベスは、「ネイマールはどこに来たのか、どういったレベルを要求されているのかわかっている」と話した。また、ネイマールが幸せに過ごしており、チーム内への溶け込み方は「これ以上は望めない」レベルであることも明かした。アトレティコ・デ・マドリード戦で、同点ゴールをマークしたことについて、アウベスはネイマールが  「監督が与えたプレー時間をうまく生かしている。プレー時間が増えるにつれて、もっと貢献度も高くなるだろう。バルサに多く貢献してくれることになるだろうと思っている」と意見した。 バルサではスタメンやベンチは決まっていない。最終的には 全員が試合に出ることになるのだから、誰もが自分がスタメンだと感じなければならない。
また、アウベスは 「バルサではスタメンやベンチは決まっていない。最終的には 全員が試合に出ることになるのだから、誰もが自分がスタメンだと感じなければならない」と説明し、ネイマールは 「スタメンだろうが、控えだろうがプレーする準備ができている。彼は幸せだし、彼が幸せである限り、貢献度はあがっていく」とコメントした。

また、アトレティコ・デ・マドリード戦については、「もっと、ふさわしい結果を手にできたはずだった。とりわけ後半に関してはそうだ」と意見し、アトレティコについては「彼らは殆ど攻撃チャンスを生み出さなかった」と評価。また、カルデロンのピッチもバルサにとってふさわしいコンディションでなかったことをあげ、第二戦では「ピッチ(の状態)が助けてくれるから、(第一戦に比べて)より、いい試合ができるだろう」と話した。

アビダルの '22'番と共に

今シーズン、アウベスは背番号を変えて、‘22番’をつけているのは、アビダルへの敬意を示すためだ。その理由について、アウベスは「彼は僕の人生において、サッカー面でも、人としても、影響を与えた人だから」と説明した。


上に戻る