fcb.portal.reset.password

Cesc i Xavi, amb Adriano, autor del segon gol. FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB.

7戦中7戦。2013/14年は、少なくとも、バルサがリーグ史の歴史の中で最高の開幕を切ったことで、記憶に刻まれるだろう。アルメリアでの 0-2で、バルサは開幕から6連勝でストップしていた壁を初めて破った。メッシが素晴らしい先制点をマーク(25分)した後、大腿二頭筋を負傷するデメ リットもあったが、内容のいい後半で記録を達成した。

スペース争い

通常のローテーションを継続し、今回はネイマールとチャビが休み、スタメンから外れて、変わりにバルトラ、セスク、ペドロなどが入った。バルサは励声に チームプレーを行ないつつ、試合をスタートしたが、その一方で、スペースは簡単に与えられず、対戦相手のアタッカーに苦しめられた。 特に苦しまされたのは、‘ボランチ’のイニエスタ、セスク、メッシだった。それでも、支配していたのは、アウェー側だった。頻繁に敵地を攻め、イニエスタ がエリア外からシュートを放ったり(6分)、ピケがヘディングシュートを試したり(12分)と翻弄した。ブスケッツがボールを奪う役割を引き受け、よく耐 えた。

メッシのスーパーゴールと負傷

20 分から 25 分もの間、試合の決定的瞬間が訪れた。最初はレオ・メッシが正面からスーパーゴールを決めたのだった。ペドロと壁を作りながら、やってきたマークしたメッ シだったが、そのすぐ後に筋肉に違和感を覚え、交代しなければならなかった。メッシの負傷がチャビを投入することになり、セスクが偽の‘9番’としての役 割を果たした。

交代があった後、バルサのコントロールは少し、落ちた。試合はハードになってきていた。アルメリアは、後ろに下がり、固く守り、カウンターのチャンスを狙 い、特にスソ、アレクシス・ビダルなどのサイドが、バルサを少しずつ、攻めてきていた。バルデスが止めたものの、ロドリが最高のチャンスを手にした。

指揮を執ったチャビ

バルサは、後半が始まってポゼッションを取り戻した。チャビがそのリズムを相手に強要した。バルサの‘6番’は、セスクと共に正面から切り込み、スペース を作り、2得点目をお膳立てし、アドリアーノがゴールを決めた。それは56分であり、そこから、タタ・マルティノの率いる選手達にとっては、下り坂になっ た。アルメリアの重要な選手が次々と交代させられた。

後半を通して、バルサが試合を支配したのは、明らかだった。リーグの首位は、終盤に向けて手を緩めず、今節も再び、バルトラがゴールを決める寸前のチャン スを手にした。テジョも、途中から交代で入った後に、ゴールチャンスを手にした。バルトラは、今回も再び、メリットとなる良い試合を行なった。チーム全体 が、新たな目標に向かって進むことに、決して飽きることなく、その姿勢で試合を終えた。

上に戻る