fcb.portal.reset.password

Messi deixa enrere l'exblaugrana Rubén en l'última visita a Vallecas (0-5) / FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB

バジェカスで最初に思い出すのは、最近の大量ゴールで勝利をあげたことだ。 2011/12年に0-7、 2012/13年に0-5 というこの結果は、バルサの効率のいい攻撃力を証明しているが、その一方で、ラヨは決して下向きになることがない。実際、常に攻撃的にせめてくるラヨのホーム、バジェカスで勝つのは簡単なことではなかった

喜びの少なかった時期

大量ゴールの試合だけでなく、バルサはかなり、苦しまされた経験もある。ラヨが前回、1部に昇格した時、バルサは4試合連続で、ラヨ・バジェカーノを相手に勝利をあげることができずにいた。 2002/03年 (1-0) 、 2001/02年 (2-1)に黒星を喫し、  2000/01年 (2-2) と 1999/00 年(1-1)は、ドローに終わっている。

合計でFC バルセロナのラヨのホームでの内訳は、3勝4分け1敗だ。

馴染みの顔ぶれ5人

現在のラヨは、バルサと似たプレースタイルを用いているが、そのラヨに元バルサの選手が5人いることも忘れてはならない。ゴールキーパーのルベン・マルティネス、ディフェンダーの‘ロドリ’、守備的MFのバエナ、ガリシア出身のMFトラショラスと現在、負傷中のイアゴ・ファルケだ。チーム内でトラショラスは、最も重い役割を担っている。1年前まで、やはり、元バルサのサイドバックだったカサドもプレーしていたが、現在は所属チームがない状態だ。

上に戻る