fcb.portal.reset.password

ポーランドで行なわれたプレシーズンマッチでプレーするアレクシス・サンチェス/FOTO MIGUEL RUIZ-FCB


アレクシス・サンチェスは成功の秘訣が何なのか分かっている。それは自信—。チリ代表に招集中でスペイン代表との試合を前に記者会見に臨んだ選手は、FCバルセロナで上々のシーズンスタートを切ったことについて、こう説明している。

「選手にとって自信を持つことはすべてを意味する。ピッチで信頼を与えられたらその選手はいろんなことが可能になる。僕自身今年ここまででとても良い感じがあって、とてもやりやすいし自信がすごくある」と選手。この点でタタ・マルティノの監督就任は、バルサの背番号9にとってカギとなるものになっている。「僕がピッチで自由にやらせてくれ、とても大きな信頼を与えてくれている」。

シーズン序盤でアレクシス・サンチェスは、チャビイとともに休養が与えられたバレンシア戦を除くすべてのリーグ戦、スペインスーパーカップに先発出場している。チリ人選手はリーグの開幕、レバンテ戦(7−0で終了)で得点も挙げている。

チリ代表は火曜日にジュネーブでスペイン代表との親善試合(20時キックオフ)を行なう。
アレクシスはFCバルセロナのチームメイトと対戦することを「うれしい」としている。ブラジルワールドカップの出場権獲得に向けて好位置につけている南米の代表チームだが、今回の試合は非常に難しいものになる。これまでスペイン代表には9度対戦し、1分けを除き残りは全敗している。

ジュネーブでの会見で、アレクシスはレオ・メッシとの関係についても話している。「僕らの関係はとても良い。ピッチの中、外どっちもね」。

上に戻る