fcb.portal.reset.password

Alexis i Song, en roda de premsa / FOTO: MIGUEL RUIZ

レヒア・グダンスク対FCバルセロナの試合前に、アレクシス・サンチェスとアレックス・ソングが記者会見に現れた。アレクシスは「グダスクでの皆さんのリアクションにチームはみんな満足している」と話し、「プレシーズンのフィジカルを準備するのに、レヒアとの対戦はとても重要」だと話した。

今回の招集リストのニュースは、ネイマールが入ったことであり、 PGEアレナ・グダスクスタジアムでレヒア・グダンスクと対戦する。ネイマールはバルセロナに来たばかりだが、アレクシスは「チームは彼が来てくれて、すごく満足している。待っていたし、彼の最高のパフォーマンスを期待している」「チームメートはみんな助けるよ。タイトルを僕らにもたらすために戦うチーム内の一人なんだから」と話した。

ティトのことば

「ティトがいないのは、良くないニュースだ。彼の人となりは本当に最高なので、僕らみんなはすごく悲しんでいる。でも、僕らは前進しなければならない。早く戻ってきて欲しい」とソングは話した。グダンスクでの試合は、ティトが監督で続投できないとわかった時点で、延期された。「この試合をプレーするための気力が僕らにはなかった。でも、数日たって、僕らは前に進まなければならないのだから」とソングは付け加えた。

また、アレクシスは、バルサ移籍の噂について、完全否定した。「クラブは僕を必要としていると言ってくれたし、僕はクラブを今後も助けていくために残るよ」と話した。アレックス・ソングは、セスクと話したといい、「すごく集中しているように見えるし、バルサで続けたいと思っていると思うよ」とコメントした。

上に戻る