fcb.portal.reset.password
Alexis celebra el seu gol de vaselina contra el Madrid.

Alexis celebra el seu gol de vaselina contra el Madrid. FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB.

カンプノウで行われた今季、最初のクラシコを表現する名前がある。それはアレクシス・サンチェスだ。バルサの‘9’番は、78分に見事なオーバーヘッドゴールを決めて、試合を決定的にしたのだった。バルサがベルナベウを訪問する前に、アレクシスは、クラシコで決めたスペシャルなゴールを振り返り、「僕を選手として決定づけることになった。あの2-0は、とても素敵だった。誰も期待していなかったから。僕を本当に幸せにしたし、チームにも落ち着きをもたらすことができた」とアレクシスは、公式サイトの取材に答えて話した。

プレー

アレクシス・サンチェスは、あの時のプレーを鮮明に覚えており、細かく表現した。「チャビのプレーから、ネイマールを引きこんだ。マークされていない僕にパスが出るのが見えた。そこでスペースに向かってななめに切り込んだ。バランが入ってきて、二人になったけれど、僕はボールを足元にもったまま、クロスに蹴らなければならない状況で、それが一番、難しかった。だから、ひっかけたかったんだ。その前にキーパーが少し、前に出たのを見ていたから、自分に言いきかせたんだ。‘俺が決めてやる’ってね」


「ゴールが決まって、それは本当に僕にとっても、人々にとっても、最高に素敵な瞬間だった。それもクラシコでマドリードを相手に決めるのは、クラブにとって歴史的な出来事なのだから」と付け加えた。

上に戻る