fcb.portal.reset.password

 

 ネイマール 人気とそのカリスマは、タイにまで届いていた。バルサの‘11’番は、地元メディア主催のナイキイベントが行われたパラゴンパークで、最も多くの歓声を浴びた選手となった。このイベントにクラブからは、四人の選手が参加し、ネイマールのほか、ジェラルド・ピケ、アレクシス、アドリアーノが参加した。

イベントは1時間ほど行われ、それぞれの選手にこの新しいシューズを紹介するために、質問をうけつけたほか、その10分後、部屋を変えて、選手はショートインタビューに答えた。

同時にジェラルド・ピケとアドリアーノは、このスポーツウェア宣伝用の写真撮影も行った。一方、アレクシスは、テレビ局FOXの取材を受けた。

パラゴンパークでの'ショウ'

通りを隔ててすぐそばにあるパラゴンコマーシャルパークはバルサファンで埋まっていき、バルサのユニフォームを着たネイマール、アドリアーノ、アレクシスが画面に囲まれた人工芝のスペースに現れ、タイの‘フリースタイル’のエキスパートである選手達と共に、ボールを使ったアクロバット技を競った。

司会者がネイマールの名前を呼ぶと、会場の叫び声は一段と高くなった。ボールを足に現れ、いきなり、現れた壁に向かってシュートを試したネイマールは、アレクシスやアドリアーノよりも、ずっと高い命中率を見せた。ピケは、その様子を座ってみていた。

上に戻る