fcb.portal.reset.password

Alexis Sánchez ha atès els mitjans a la sala de premsa de San Siro / FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

アレクシス・サンチェス  は、FCバルセロナで3シーズン目を迎えたが、今季は非常に幸先の良いスタートを切っている。10試合で4得点を既にマークしている。フォワードにとってゴールは鍵であり、第一の目標だ。今季、ゴールによって目立っているアレクシスは「違いはゴールだ。いつも同じように練習してきたが、ゴールを決めると全てが変わる」とサン・シロの記者会見場で話した。アレクシスは、クラブでのここ数年を振り返り、 「批判が僕をより、強くして成長させたんだ」 と話し、ここで成長してきたいこと、常に自己批判をつづけていきたいことなどを話した。「毎回、試合の後、たとえゴールを決めても、次の試合でもっと向上できるように何が悪かったかを考える」と明かした。毎回、試合の後、たとえゴールを決めても、次の試合でもっと向上できるように何が悪かったかを考える。

また、監督とチームメートからの信頼を受けていることを認識しながらも、アレクシスはスタメンを確保したとは感じていない。「僕の準備は整っているが、スタメンだとは感じていない。なぜなら、チームにはテジョやペドロなど重要な選手がいるからだ

昨年のミラン-バルサ戦の経験を胸に

火曜日に行なわれるミランとの対戦について、アレクシスは昨年、イタリアのチームがチャンピオンズリーグの16強第一レグで試合を制したことがいまだに脳裏にあると話した。「昨年の2-0の経験があるし、僕らは全力を尽くして試合に入り込むというメンタリティでピッチに立たなければならない」と指摘し、「ミランには偉大な選手がたくさんいる。昨年、それを証明した。僕らはピッチに立ったら、90分間、集中を切ってはならない」と付け加えた。

上に戻る