fcb.portal.reset.password
カンプノウでボールを奪い合うセルヒオ・ブスケッツとアヤックスの選手、クリスチャン・ポウルセン

カンプノウでのブスケッツとポウルセン / FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB

今週の火曜日にアムステルダム・アレナで行われるアヤックスとバルサの対戦は、チャンピオンズリーグの5節に当たる。この試合に関する数々のトリビア、興味深いデータを紹介する。

  • 3枚のイエローカードを受けて、累積警告のため、アレクシス・サンチェスは欠場する。
  • FCバルセロナが勝利をあげれば、タタ・、マルティノの率いるチームはグループ内首位を確定する。
  • セスク・ファブレガスは後1枚で累積欠場となり、アヤックス戦でイエローカードを受けた場合、ホームでのセルティック戦の欠場が決まる。
  • 今季のチャンピオンズリーグ第一戦は、アヤックスとの対戦で試合は4-0だった。
  • バルサのチャンピオンズリーグにおける最多得点王は、6ゴールをマークしているレオ・メッシだ。今回のチャンピオンズリーグでは、ブスケッツ、ファブレガス、ピケも得点している。
  • オランダリーグで、現在、アヤックスは勝ち点25で2位だ。首位のビテッセとは勝ち点2点差でついている。
  • チャビは、アシストを2回だし、チームのアシスト王だ。アシストを1回出しているのは、ファブレガス、ブスケッツ、アレクシス、ネイマール、イニエスタだ。
  • FC バルセロナがアムステルダム・アレナで公式戦を行なうのは、全歴史を通して初めてのことだ。
  • 試合の主審は、チェコ出身のパベル。クラロベッチで国際大会を2005年から請け負っている36歳の主審だが、いまだにバルサの試合の笛を吹いたことはない。アヤックスには一度、あり、その際、アヤックスは負けている。
上に戻る