fcb.portal.reset.password

FC バルセロナのユニフォームを着たイバン・ラキティッチ

FCバルセロナとセビージャFCは、イバン・ラキティッチの移籍について合意に達した。選手は、FCバルセロナとこの先5年間、契約する。 

同時に、デニス・スアレスを今後2年間、セビージャFCへレンタル移籍することで合意した。

セビージャで記憶に残る時代を築く

セビージャで3年間を過ごした後、イバン・ラキティッチは26歳でカンプノウにくることになった。サンチェス・ピチュフアンは、彼の成長を阻むことなく、プレーの司令塔となり、セビージャのキャプテンとして2013/14年のヨーロッパリーグのチャンピオンとなった。

昨年、ウナイ・エメリー監督は、彼をインサイド、ミッドフィルダーの選手としても起用したが、その結果、クロアチア人の選手は、最高のシーズンを過ごし、そのレベルを披露した。59試合に参戦し、15得点をマークした。ラキティッチは、クロアチア代表の基盤となる選手であり、現在、ブラジルワールドカップに参戦している。

2014/15年の4人目の補強

イバン・ラキティッチは、来季のトップチームの補強として、GKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲン、レンタルしていたが取り戻したジェラルド・デウロフェウ、ラフィーニャに続く補強となった。当然、5月21日に発表された監督のルイス・エンリケも忘れてはならない。

上に戻る