fcb.portal.reset.password

Messi en una acció del partit / FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

ミランでの火曜日のドローの試合は、数多くの興味深いデータを生み出した。それをここで改めてチェックする。

ロビーニョ のゴールが今回、バルデスがチャンピオンズリーグで受けた最初の失点となった。アヤックス戦 及び セルティック戦 では、無失点に抑えていた。

• ハビエル・ マスチェラーノ とセルヒオergio ブスケッツ (12) が、バルサの選手としてミランで最も多くのボールを取り返した選手だ。

チャビ・エルナンデス (140) は、パオロ・マルディーニ(139) を超えて、この欧州杯の歴史上、最多出場を果たした選手ランキングの3位となった。

• ミランの試合は、9月21日に行われた ラヨ・バジェカーノーバルサ戦(0-4)以来、レオ・メッシが初めて果たしたスタメンフル出場の試合となった。

• 今季、 初めて、アンドレス・イニエスタは、二戦連続でフル出場を果たした。

• AC ミランとの対戦に、タタ・マルティノは、 レアル・ソシエダ戦の時と同じスタメンを起用した (4-1)。 マルティノが全く同じ顔触れを起用したのは、初めてのことだ。

アドリアーノ・コレイアは、スタメン連続出場を続投している。 ブラジル人サイドバックは、これで8試合連続出場を果たしている。

• 今季、メッシの12ゴールのうち、9ゴールが前半に決められている

AC ミランは、チャンピオンズリーグにおいて、メッシが好む犠牲者となった。 アーセナルとバイエルン・レバークーゼンも同様で、3チームともバルサの‘10番’に6ゴールを決められている。

上に戻る