fcb.portal.reset.password

Milan-FCB.

今週の土曜日、対決するミランとバルサ (20.45 horas, TV3/La1) のこの試合は、チャンピオンズリーグ、グループリーグ第3節にあたる。バルサは勝ち点6でグループ内首位であり、それにミランが勝ち点4で続いている。

• 過去に 17回もの対決  を両者は欧州大会で行なっている。バルサは7回、勝利しており、ミランが5回だ。


•17 試合中、 ミランで8試合を行なっている。 両クラブは イタリアで勝利数を分け合っている (3)。ドローは二回。 


FC バルセロナは、最初のノックアウト方式の試合を制している。一度目は、1959/60年の欧州杯であり、16強の試合における第一戦だった。バルサは、7-1で大勝している (ミランで0-2、カンプノウで 5-1 ).


二回目のチャンピオンズリーグ (2005/06)は、バルサはイタリアでの第一レグの勝利(0-1)で、ルドウイック・ジュリがゴールを決めたおかげで、決勝進出を決めた。第二レグは、スコアレスドローで終わったからだ。


サン・シロで最後にバルサが決めたゴールは チャビ・エルナンデス が2011/12年に決めている。 グループリーグでの第二戦で、試合結果は、2-3だった。チャビは、63分に勝利を導く得点をマークした。


両者の試合で最も重要性があるのは、チャンピオンズリーグの決勝で、 1993/94年 にアテナスで行われた決勝戦であり、試合は4-0でミランが制した。


• 4-0 は、また、最後に両者が対戦した時の結果だった。 これは、昨シーズンのチャンピオンズリーグ16強での 大逆転 の結果だった。 バルサはミランでは、2-0で負けていた。


AC ミランは、現在、イタリアの国内リーグで勝ち点11点で8位だ。 セリエAで全勝(8)し、首位を走っているローマとは、13点差だ。アレグリが率いているチームのもっとも最近の結果は、ウディネーゼと対戦したホームでの勝利 (1-0) であり、得点したのはスロベニアのヴァルテル・ビルサだった。


 

上に戻る