fcb.portal.reset.password

Messi i Iniesta celebren el gol a Milà / FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

FC バルセロナは、Hグループで首位をキープし続けている。火曜日にイタリアで手にしたドローは、タタ・マルティノのチームを勝ち点7で維持し、チャンピオンズリーグが3節終わった現時点で、ACミランよりも2点多い位置に置いている。 もしも、バルサがロビーニョの先制点を同点にしたメッシのゴールの後、前半の最後で手にしたチャンスを生かすことができれば、その勝ち点差は4点に広がっていたことだろう。

バルサは、前半は、時間が進むにつれて良くなっていき、後半はより安定し、精彩を放っていた。 ただ、ACミランのウルトラディフェンスのシステムがバルサの勝利を阻んだ。次は、リーグ戦でバルサをマドリードが待ち受けている。

ロビーニョが先制点

バルサにとって、スタートは順調とは言えなかった。 AC ミランは、強度に攻めてきて、試合の最初の部分では、かなりバルサを苦しめてきた。カカが左サイドから切り込んできて、最初にバルサのディフェンスに頭を突っ込んできたものの、ムンタリのゴールは、正しくオフサイドと判断されて取り消された。

その2分後、イタリア勢のゴールがやってきた。ピケとマスチェラーノの相互理解が上手くいかずに、スピーディな攻撃を受けて、ロビーニョのゴ0るを許すことになった。カカのうまいアシストがゴールを生んだ。

メッシが応答

試合は前半20分間から変化した。FCバルセロナがボールポゼッションをとるのに、それだけの時間がかかった。ACミランは、試合の最初の新鮮さを失い、最初の数分に払った多大な努力のツケを払い始めていた。タタ・マルティノの率いる選手は、最初に訪れたそのチャンスを生かした。ブスケッツがボールを取戻し、すぐにイニエスタがそのボールを受け取り、指揮を執った。そのプレーは、メッシに向けて出されたアシストとなり、この相手を許すことのないメッシは、ボールを受け取るやいなや、正確にゴールに突き刺した。

バルサはハーフタイム前にスコアを並べることができた。メッシ、アレクシス、ネイマールJrのボレーシュートが前半45分、ゴールをかすった。アウェーのチームが多くの明白なチャンスを楽しめたのは、はっきりしていた。

守るミラン

  ハーフタイム後もあまり、変わることはなかった。バルサの方が上で、ライバルを攻め続けていた。しかしながら、パンプローナの時と同じように、明白なゴールチャンスを生み出すのに必要な深さを出すことができなかった。 最もよいチャンスは、前半に訪れていた。イニエスタとアドリアーノのみが、今季、初めてスタメンでプレーしたアメリアのゴールを脅かす脅威だった。

必死の攻撃、そしてセスクとペドロの投入にもかかわらず、FCバルセロナはマッシミリアーノ・アレグリ監督の率いる組織だったディフェンスを崩すことができなかった。アレグリのチームは、勝ち点3を狙いにいっているようにはみえなかった。最終的には、両者が同じ勝ち点を分け合うことになった。

上に戻る