fcb.portal.reset.password

アビダル、バルサ TVで / FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB

エリック・アビダルは、月曜日にFCバルセロナの元チームメートを訪ねた。ティト・ビラノバが逝去してから三日後のことであり、ティトとはトップチームで 2008 年から2013年まで共に過ごした。「外からここに来なければならなかった。今日は大事な日だ。僕らはとても彼と彼の家族のことが好きだった」とバルサTVの前にアビダルは傍目にはっきりと感情的になっている様子がわかる状態で、話した。今日は僕にとって、ここにいること、彼の家族と共に、そしてバルサファミリーと共にいるのが何より大事だった。「FCバルセロナは、ビッグファミリーだ。僕らは多くのことを何年にもわたって分け合ってきた。もし、僕らの誰かが負ければ、それが多くの人達にショックを与えるのは当然だ。僕らは何があってもここにいなければならなかった」と元バルサの選手は付け加えた。

ティトと分け合った出来事について聞かれたアビダルは、共にトロフィーを持ち上げた時のことをあげ、「ちょっと前に、ティトが一緒にタイトルを獲得した時に、共に優勝杯を手に出て行った時の写真を送ってきたことを思い出した。僕らは両方ともそれぞれ戦っていた。僕らは多くのことを分かち合ったし、たくさんのことを話し合った。今日は僕にとって、ここにいること、彼の家族と共に、そしてバルサファミリーと共にいるのが何より大事だった」と話した。精神的にはそこにいられる状態じゃないのが見えていたし、みんながショックを受けていた。難しい中で良い結果を出汁、勝ち点3を勝ち取った。アビダルは、また、トップチームの選手が、今週の日曜日にこの状況下で勝利をあげたことをほめたたえ、「精神的にはそこにいられる状態じゃないのが見えていたし、みんながショックを受けていた。難しい中で良い結果を出汁、勝ち点3を勝ち取ったんだ」と話した。

エリック・アビダルは、昨年の夏からASモナコに所属している。現在、モナコは、リーグ1の順位表で2位についており、次の試合は5月7日の水曜日まで行われない。

上に戻る