fcb.portal.reset.password

27歳になったジェラルド・ピケ

ジェラルド・ピケは、日曜日に27歳となった。バルサのセンターバックは、1987年2月2日に生まれ、その日からクラブのソシオとなった。ピケはFCバルセロナのユース組織で10歳の時にプレーし始め、フベニルカテゴリーまで過ごした。フベニルを終えた、2003/04年、ジェラルド・ピケはバルサの選手として一度、休息し、マンチェスターユナイテッドへ移籍、その後、サラゴサに移籍し、2008/2009年にバルサへ戻ってきた。

2008年の夏にカンプノウに戻ってきてから、 '3' 番が手にしたタイトルは、うらやむべきものだ。ピケは、リーグ優勝4、チャンピオンズリーグ 2、国王杯2、欧州スーパー杯2 、スペインスーパー杯4、クラブワールドカップ 2を手にしている。また、マンチェスターユナイテッドでは、プレミアムリーグ1、カーリングカップ1、チャンピオンズリーグ1を制覇し、スペイン代表ではユーロとワールドカップを一回ずつ、制覇している。

トップチームでプレーした6シーズンの間、ピケはペップ・グアルディオラ、ティト・ビラノバ、そしてヘラルド・マルディノにとって、ディフェンスの軸となった。2014年の最初に、バルサはエルチェを相手に4-0で勝ち、ピケはバルサのユニフォームを着て公式試合250目を迎えた。また、今季はグループリーグでセルティックを相手にゴールを決め、FCバルセロナの国際大会1000ゴール目を決めた主役となった。

上に戻る