fcb.portal.reset.password

Villa celebra el seu gol contra l'AC Milan / FOTO: ARXIU FCB

ダビッド・ビジャがFCバルセロナを去る。 バルサのユニフォームを着て戦った試合は、119試合。 バルサの '7'晩だった選手は、重い負傷を超え、バルサファンに 総計 48 ゴール を贈った。バルサの選手として、彼が過ごした最高の '7'晩をここで改めて振り返る。

1) バルサ 5-0 マドリード (リーグ戦). 2010年11月29日. ビジャは3ゴール目、4ゴール目を決めた。ジョセップ・グアルディオラが率いるチームは、ホセ・モウリーニョのマドリードを5ゴールを決めて倒した。


2) バルサ 3-1 マンチェスター・ユナイテッド (チャンピオンズ). 2011年5月28日. バルサでゴールを決めた最高の夜。正面から、フアン・デル・サルが止められないゴールを生み出し、ウェンブレイでのチャンピオンズリーグ決勝制覇に決定的な役割を果たした。


3) マドリード 2-2 バルサ (スーパー杯). 2011年8月14日. ビジャの新たな芸術的作品。スーパー杯の第一レグで、チームが最も苦しんでいた時間帯に、カシージャスを驚かした。この年、バルサは最終的にスーパー杯を獲得した。




4) バルサ 5-1 レアル・ソシエダ (リーグ戦). 2012年8月19日.
ダビッド・ビジャは、負傷してから、8か月半後に公式戦に出場し、試合最後のゴールを決めた。


5) セビージャ 2-3 バルサ (リーグ戦). 2012年9月29日.タイムリミットの状況で、ダビッド・ビジャはサンチェス・ピチュフアンでバルサに貴重な勝ち点3をもたらした。この試合で、バルサは後半の最初の時点は、 2-0 で負けていた。
6) バルサ 3-1 アラベス (国王杯). 2012年11月28日. 国王杯の16強第二レグでダブルゴールを決めただけでなく、このゴールでプロとしてビジャは300ゴールを超えた。


7) バルサ 4-0 ミラン (チャンピオンズリーグ). 2013年3月12日。 FCバルセロナの選手として決めた最後の重要なゴール。 チャンピオンズリーグの決勝につながるミラン戦との第二レグは3-0に終わったが、ビジャのゴールで 逆転劇は現実となった。


上に戻る