fcb.portal.reset.password

Neymar i Messi, al final del derbi. FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB.

2012年の8月19日から、 FCバルセロナはリーグで首位を走っている。その時から、50節を戦っているが、前季の全試合と今季になってから、12節が終わり、最初はティト・ビラノバの指揮のもと、そして今はタタ・マルティノの指揮のもと、バルサの選手は常に順位表でトップを走っている。

2012/13: 最初から最後まで

この首位をキープするために鍵になるのは、大会の開幕だ。昨季、バルサは第一節目でレアル・ソシエダを5-1で制し、首位に立った。

ビラノバのチームは、最初の6節を勝ち進み、その支配力が危険にさらされることはなかった。実際、リーグ戦中、最初から最後まで結果として首位と二位の差は開いたままだった (15)。

2013/14: 史上最高の開幕

  今季、バルサは開幕から8試合連勝し、史上最高の記録を達成している。最初の節では、レバンテを7-0で破り、首位に立った。この大会での首位は、アトレティコ・デ・マドリードとは4節目まで分け合っていた。両者ともあk地点12で同じ得点数(14)と失点数(4)を手にしていたからだ。、マドリードとは勝ち点4点差だ。

最も、バルサの首位の座が脅かされたのは、9節目にオサスナと対戦し、スコアレスドローに終わった日だったが、続けてあったアトレティコ・デ・マドリードは、そのチャンスを生かせず、コルネリャで黒星を喫した。最近、マドリード、セルタ、エスパニョールを相手に三連勝をあげ、マルティノの率いるチームは、再び、首位の座を固めた。そのポジションを50節前から、譲らずにきているのだ。。

上に戻る