fcb.portal.reset.password

 

FCバルセロナとベルナン・シュスターが再び、交差するには、5年以上の月日が必要だった。最後にシュスターがバルサと対戦したのは、2008年5月7日で、サンティアゴ・ベルナベウにて、大量ゴールを永遠のライバルに決めて、リーグを祝った時だ (4-1)。ライハールドのこの大きな黒星が、バルサの歴史における分岐点になったといえるかもしれない。その時以来、バルサはリーグ優勝四回、チャンピオンズリーグ2回、国王杯2回、スペインスーパー杯3回、欧州スーパー杯2回、クラブワールドカップ2回を制覇している

多くの失望と一つの伝説

この日曜日、再び、 ベルナン・シュスター は、1980 年から1988年にかけてプレーしていたバルサと直接対決することになる。今回はマラガの監督として戦う。

最初の対戦は、 2004/05年、レバンテの監督としてだった. その時は、試合終盤のエトーのゴールが、レバンテの勝利を阻んだ。それがシュスターが監督として初めてカンプノウを訪れた時だった。そのリーグで、バルサがレバンテを訪れた時は、既にシュスターは首になっており、そのレバンテのピッチで、バルサはリーグチャンピオンになった。E

その次は、シュスターがヘタフェの監督となった時だった。2年間を過ごしたが、そこでもリーグ戦でバルサを負かすことはできなかった。ヘタフェのホームで1-3の黒星、  2005/06年、カンプノウで3-1の黒星、ホームでドロー(1-1 )、2006/07年には、ロナウディーニョの退場も含め、ホームで黒星を再び、喫した(1 - 0)。

 シュスター のバルサとの対戦の初勝利は、同じ年に起きた。カップ戦の準決勝であり、いまだにバルサファンは悲しみと共に記憶している。メッシのマラドーナ風のゴールも含め、第一戦を5-2で制したその歓喜は、第二戦で殆ど役に立たず、アルフォンソ・ペレス・コリセウムで4-0に試合は終わった。ヘタフェは最終的に決勝でセビージャに敗れた。

クラシコ2回を手に

最近、2回のシュスターのバルサとの対決は、マドリードの監督としてであり、2007/08年に行なわれたその2試合は、両方ともレアルの勝利に終わった  (カンプノウで0-1、ベルナベウで4-1)。 2008/09年のシーズン、シュスターはカンプノウに来る前に、マドリードーバルサと勝ち点差9点がついていたーの監督を退くことになった。

上に戻る