fcb.portal.reset.password

Xavi és el jugador del Barça amb més partits disputats a la història de la Lliga

FCバルセロナが、リーグで最高の開幕を切った記録をアルメリア戦(0-2)で生み出した以外にも、この試合に関わる興味深いデータは、数多くある。

• チャビは、ベンチスタートだったが、メッシが負傷したため、変わってピッチに入った。その試合は、タラサ出身のミッドフィルダーにとって、リーグ戦450試合目の試合であり、バルサ史に名を刻むことになった。チャビに次ぐ二番目は、ミゲリの391試合。

• バルサの '6番' は、1998年10月3日にリーグ戦デビューをバレンシアーバルサ戦(1-3)で果たした。その日から、ほぼ15年が経過した。

• このリーグ戦での450試合中、 282試合で勝利をあげており、 54得点をあげている。

メッシは、今回も得点をあげ、既にリーグ戦で8ゴールをあげている。メッシはリーグ史において、最多得点ランキングの5位だ。

アドリアーノ・コレイアは、今季、2回目のゴールをマーク。最初はマラガ戦 (0-1) であり、その時もピッチにメッシはいなかった。

• アルメリアとの対戦は、ネイマールJrが参加しなかった最初の試合だった。ネイマールはバルサで593分間、消化している。

• プレーしている10試合中、バルデスは6試合を無失点で抑えている。昨シーズンは、最初の6試合を連続無失点で抑え、11月末まで続けていた。

ダニ・アウベスは、バルサ史で最もプレー回数の多い外国人選手として、今回の試合でロナウド・クーマンと並び、ランキング3位になった。二人とも公式試合264試合を戦っている。二人を超えているのは、メッシとコクーだ。
 
• マスチェラーノの負傷が確認された今、バルデスとピケのみが、今季の公式戦10試合でスタメン出場を続けているが、フル出場を果たしているのは、バルデスのみだ。

マルク・バルトラは、今季、初めてのスタメンだった。 また、昨季のバイエルン―バルサ戦(4-0)以来のフル出場を果たした。

• バルトラは、アルメリアで最も多くボールを取り返した選手となった(13)。それに続いたのが ピケ(12) 、アルベス (10)だった。下記は、試合を通してバルトラが出したパスを図にしたものだ。

上に戻る