fcb.portal.reset.password

El president Agustí Montal amb Johan Cruyff / FOTO: ARXIU FCB

ヨハン・クライフは、1973年8月にアヤックスとのハードな交渉の末、FCバルセロナとサインを交わした。当時のフロント、アルマンド・カラベンの手腕のおかげだった。バルサでの最初のシーズン、オランダ人FWは、その才能の成長を見せつけた。彼の頭脳プレー、秀逸なテクニック、リーダーシップ能力などがFCバルセロナに他と圧倒的な差をつけて、1973/74年のリーグ優勝を与えることになった。実に14年ぶりのことだった。

‘空飛ぶオランダ人’

何度も繰り返されて、永遠にバルサファンの脳裏に刻まれたであろうシーンの一つは、カンプノウで行われたアトレティコ・デ・マドリード戦で決めたゴールであり、そこから、‘空飛ぶオランダ人’の名がつけられた。また、1974年2月にサンティアゴ・ベルナベウで達成した有名な0-5の試合も記憶に残っているだろう。

残念ながら、その後のシーズン、彼のレベルは下がり、1977/78年にバルサが獲得できたタイトルは、国王杯のみだった。1978年に、バルサを去った。

1988年にバルサに監督として戻ってきた。そこで数多くの成功を収め、黄金時代を築いた。そこで手にしたタイトルには、リーグ優勝四連覇も含まれ、また、1992年にウェンブレイにて初めての欧州杯を手に入れた。伝説的な‘ドリームチーム’時代であり、その見事なサッカーであらゆる人々を魅了した。1996年に監督を退任した。

上に戻る