fcb.portal.reset.password

Carles Puyol, que no viatjarà a la gira per Àsia, durant la presentació de l'equip / FOTO: GERMÁN PARGA - FCB

ジョアン・ガンペル・トロフィーが終わり、アジアツアーを考える時期になった。タタ・マルティノが率いるバルサは、タイとマレーシアのアジアツアーを控えている。 その前に、週末にイスラエルとパレスチナに立ち寄り、ピースツアーを行なう。招集選手リストは、24人の選手からートップチームからの22人にバグナックとドンゴウーなっている。

プジョル、帯同せず

キャプテンの カルラス・プジョル が最も目を惹く欠場だ。プジョルは右膝の負傷から順調に回復しているが、現在の状況ではツアーは帯同せず、バルセロナでリハビリを続けることになる。また、クエンカとアフェライもバルセロナに残る。

チームは土曜日にピースツアーに向けて出発し、日曜日の夜には、アジアツアーの最初の停留所、バンコクにストップする。

上に戻る