fcb.portal.reset.password

練習中のプジョル. FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

タタ・マルティノが召集した選手は国王杯第一戦のレバンテ戦に18人の選手を召集した。ダニ・アウベスとカルラス・プジョルは、先週、リーグ戦ではバレンシアにいなかったが、今回、召集リストに復帰した。また、アンドレス・イニエスタは、グループ練習で調整しているものの、まだ違和感を引きずっているため、再び、召集リストから外れた。

その一方で、バルサBの、ジーン・マリア・ドンゴウ は、トップチームと練習を行ない、再び、召集リストに入った。そのほか、リストからはピケ、モントヤ、オイエル、オラサバル、イブラヒム・アフェライ、イサック・クエンカ、ジョナサン・トス・サントスが、監督判断及び負傷の理由で外れた。

◆マルティノ前日記者会見

確かに、先日とは全く違う召集リストになった。5人もの選手が欠けている。だが、私達は先日と同じようであることを期待している」

「 果たして、今回はどのように彼らのディフェンスを破り、ダメージを与えられるかだ」

「イニエスタは様々なトレーニングをしている。彼を考えるには、まだ、わずかに足りないかもと考えた。私達は、あらたに一人重傷の選手を出すリスクを冒すには、あまりにも決定的で大事な時期にいる」

「コーナーのマークの仕方を変えることはしない。できる限り、強固なディフェンスをするように心がける」

「私達は戦略的なプレーより、もっと、プレー自体に賭けていかなければならない。プレー自体よりも、戦略プレーによって試合に勝てる勝算が上がると考えると、私達の場合、チャンスが減ると思う」

召集選手18人

バルデス、ピント、プジョル、アウベス、バルトラ、マスチェラーノ、アルバ、アドリアーノ、ソング、セルヒオ、ファブレガス、セルジ・ロベルト、チャビ、ペドロ、アレクシス、メッシ、テジョ、ドンゴウ(29)

上に戻る